Weフォーラム2017 in 広島へのお誘い Weフォーラム実行委員会(Weの会)
Weフォーラム2017 in 広島
3.11から6年、いま、広島と出会い直す

2017年3月3日(金)~5日(日)
会場 : 合人社ウェンディひと・まちプラザ



東日本大震災と東京電力福島第一原発の事故から6年の月日が流れ、復興の名のもと、原発事故や放射能の被害がなかったかのように、福島への帰還が推し進められています。

震災後、福島の人たちの置かれた状況に思いをはせ、微力でも何かできることはないかと、2012年と2014年に福島で2回のWeフォーラムを開催しました。
2015年には、水俣病の災禍の中から地域のつながりを回復しようと<もやい直し>を試みてきた水俣の地で、福島と水俣の若い世代が出会うことに希望を託し、Weフォーラムを開催しました。

今回のWeフォーラムは、原爆を投下された広島と福島の体験が響きあって希望につながることを願って広島で開催します。原発事故後、広島ではいち早く福島からの避難者を受け入れ、保養の取り組みも続けてきました。

71年前広島で何が起こったのか、被爆による不安をかかえながら戦後をどう生きてきたのか、どのように広島の体験を伝えてきたのか、いま改めて広島のひとたちから学び、広島と福島との体験を重ね合わせることで、新たに見えるものの中からいま、私たちに何ができるかを探っていきたいと思います。

ぜひご参加ください(もちろん部分参加も可能です)。




2017panf.jpg
パンフレット(pdf)
2017moushikomi.jpg
申込書(pdf)



日時: 2017年33日(金)~5日(日)
会場: 合人社ウェンディひと・まちプラザ
(広島市まちづくり市民交流プラザ)

map.jpg〒730-0036 広島市中区袋町6番36号
TEL:082-545-3911
広島駅南口より広電市内電車「袋町」電停から徒
歩約3分、または「紙屋町東」電停から徒歩6分
アクセス




【参加費】
3月4日(土)
全体会
 1,000円
*高校生まで無料
交流会(夕食) 4,000円
*全体会終了後、別会場に移動して参加者の交流会を予定しています。
3月5日(日)
分科会
 1,000円
*高校生まで無料
ワンコインシンポジウム(16:30終了) (前売り)500円(当日600円)


【Weフォーラム参加申込み方法】
3月4日の全体会、3月5日の分科会・ワンコインシンポへの参加をお待ちしています。当日参加も可能ですが、準備の都合上なるべく事前にお申込みください。

お申込みは、お名前、連絡先、参加希望のプログラムを明記してメールしてください。お電話でも受け付けます。FAX・郵送の場合、別紙申込書に必要事項と申込日ご記入の上、お申込みください。
当日参加の場合は、会場で参加費をお支払いください。

電話:045-482-6711 
FAX:045-482-6712 
メール: we2017@femix.co.jp


フィールドワークは定員に達したので締め切りました。(12/12)
宿泊費は2月3日(金)までに郵便振替口座(00100-2-163480 Weの会)にお振込みください。


●主催:Weフォーラム実行委員会
●協力:福島と広島をつなぐ、もみのきの会(広島 http://mominokinokai.main.jp/
、女子の暮らしの研究所(福島 http://www.girls-life-labo.com/
続きを読む
2016/11/25 22:49 | Weフォーラム情報 | page top
Weフォーラム2015 in 水俣へのお誘い Weフォーラム実行委員会(Weの会)
Weフォーラムは、『くらしと教育をつなぐWe』(発行:フェミックス)の読者によってつくられた「Weの会」と開催地の実行委員会によって、毎年開催しています。

今年のWeフォーラムは、水俣の「相思社」、福島の「女子の暮らしの研究所」と共に開催で、8月8日(土)から10日(月)の3日間熊本県水俣市で開催します。


この夏のWeフォーラムを水俣で開催したいと思ったのは、原発事故のあと、<福島の今>を発信している「女子の暮らしの研究所」や「ピーチハート」の若い女性たちと水俣の若い世代との出会いがきっかけになっています。

1989年に熊本で開催され、原田正純さんの講演や砂田明さんの一人芝居が参加者に強いインパクトを残したWeフォーラム。その26年後に水俣と出会い直すことになり、今もなお水俣病の被害が続いていること、水俣病が患者や家族に対する地域住民からの酷い差別を引き起こし、支援の運動の中でも厳しい対立があったことなど、水俣病の傷跡の深さを再確認し、その一方で、分断された地域の人たちのつながりを回復しようと<もやい直し>を試みる次世代の若者の動きにも触れることができました。

今の福島の置かれた状況は、水俣がかつて置かれた状況に重なるものがあります。
<水俣>に学び、福島と水俣の若い世代が福島と水俣の〈いま〉と〈これから〉の暮らしを語り合い、ふたつの動きがつながっていくことを願っています

★プログラムの詳細は、以下のブログ記事をごらんください。
http://femixwe.blog10.fc2.com/blog-entry-596.html

2015/05/30 08:57 | Weフォーラム情報 | page top
【Weフォーラム2014】へのお誘い(8/9-10、福島)
おかげさまで無事終了しました

Weフォーラム2014 in 福島&ふくしまガールズフェス2014

水俣から福島へ“希望”を伝える

~ガールズからの発信〜
暮らしを見つめ直し、つながりシェアしあう社会へ


お知らせ
✳︎8/8からのre:tripと8/9の郡山での宿泊は定員に達したので締め切りました。
✳︎当日参加できますので、関心のある方をお誘いの上、ぜひ参加してください。


チラシ表面(pdf)+中面(pdf)
Weフォーラム2014 チラシweフォーラム2014参加申込書


東日本大震災と福島第一原発の事故から3年の月日が流れました。
震災後、Weフォーラムでは、福島の人たちの置かれた状況に思いをはせ、微力でも何かできることはないかと、2012年には福島県二本松市でWeフォーラムを開催し、2013年には横浜で引き続きそのテーマを探ってきました。

今年は、福島県郡山市を会場に、福島の若い女性たちの声をさまざまなカタチで発信している「女子の暮らしの研究所」と、本音を話しやすい場づくりをしている「peach heart」のみなさんとWeフォーラムをつくり上げていきたいと思います。

原発事故後、県内にとどまった人も県外に避難した人も、
それぞれの選択に「正解」がないことを確認し合い、福島の人と県外の人、世代の違いをこえて、
今の暮らしを見つめ直し、これからをどう生きるのか、つながり分かちあう場をつくりましょう。

Weフォーラムに先立ち、震災から3年たった福島をぜひ見てほしいと「女子の暮らしの研究所」の企画でスタディツアー「Re:trip」を実施します。ご都合のつく方は併せてぜひご参加下さい。


日時: 2014年89日(土)~10日(日)
会場: 福島県郡山市「ミューカルがくと館」
 ※郡山市開成一丁目1-1 電話:024-924-3715アクセス
 (郡山駅前から路線バスご利用の場合、麓山経由大槻行きか休石行き「グランド南口」下車。またはさくら循環虎丸回り「総合体育館前」下車。所要時間は約10分。)

参加費:
8月9日(土)全体会、8月10日(日)分科会 各1,500円(福島の方、学生、経済的事情のある方は500円)
8月9日(土)交流会(夕食) 3,000円(飲み物は別)
*全体会終了後、会場近くのレストランで交流会をします。
オプション・・8月8日(金)からのスタディツアー「Re:trip」 25,800円(郡山駅集合・「ミューカルがくと館」解散)

参加申込み方法: 6月11日~7月15日(火)までに参加申込書(PDFファイル)、または下記にあるメール、電話、ファックスのいずれかで、(1)お名前、(2)参加ご希望の全体会/分科会、(3)ご連絡先を、実行委員会事務局あてお知らせください。
*オプションのスタディツアー「Re:trip」と8/9(土)の宿泊は要予約・先着順(40名)となります。
*申込み後、参加費を7月15日(火)までに郵便振替口座(00100-2-163480Weの会)にお振込み下さい。

問合せ・申込み: Weフォーラム実行委員会事務局(フェミックス内)
TEL 045-482-6711
FAX 045-482-6712
メール we2014@femix.co.jp
主催:Weフォーラム実行委員会 
共催:女子の暮らしの研究所、peach heat、Weの会・フェミックス
続きを読む
2014/05/29 11:40 | Weフォーラム情報 | page top
【Weフォーラム2014】実行委員会(Weの会)からのメッセージ
おかげさまで無事終了しました

Weフォーラム2014 in 福島へのお誘い

                     Weフォーラム実行委員会(Weの会)

今年のWeフォーラムは、福島の若い女性の思いをさまざまなカタチで発信している「女子の暮らしの研究所」と「ピーチハート」との共催で、8月9日〜10日の2日間、福島県郡山市で開催します(詳細はこちらをご覧ください)。

福島で暮らす人が放射能のことを考え続けるのはとてもしんどいこと…。
でも福島の女性たちに自分のからだや暮らしを大事にする情報を届け、福島出身であることに誇りが持てるように、福島の〈いま〉と〈これから〉の暮らしを語り合える機会にしたい、だからこそ、フツウの女の子にも会場に足を運んでもらえるように「オシャレ」や「カワイイ」を切り口によびかけ、小さなことから、つながり分かちあえる仲間を増やしていきたい、という彼女たちの思いを大事にして、交流の場づくりをサポートしたいと思います。

『美味しんぼ』をめぐる報道でも感じたことですが、放射能汚染の被害への危惧を訴えると、あたかも福島に住む人たちを故意に傷つける言動かのように〈対立の構図〉に落とし込められる状況の中で、そのジレンマをなんとか回避し、「一緒にがんばろうね」と息長く伴走できるような県外の応援団を増やしたいという思いもあります。

水俣を訪ね、福島がいま直面していることが、昔水俣が背負わされた状況と似ていること、これまでそのことに思いを致すことができなかったことにショックを受けた「女子の暮らしの研究所」のメンバーたち。でも、水俣ではどこに行っても「がんばってね」ではなく、「一緒にがんばろうね」と言ってもらえる、また、苦しく悲しい思いをしたからこそ、それをプラスに転化しようとする試みが生まれていることにパワーをもらい、水俣とつながりたい、と、全体会・分科会に同世代の永野三智さん(相思社スタッフ)を水俣から招くことになりました。
(参考)福島への旅に同行した記者による報告

また、「いまの福島を見てからweフォーラム参加してほしい」という「女子の暮らしの研究所」の企画で、前日の8/8から1泊2日の「リトリップ」があります。
参加費25,800円は今どきのバス旅行と比べると割高に感じられるかもしれませんが、この料金には宿泊・バス代のほか、現地で活動を続ける語り部の方への謝礼、「研究所」の企画・アテンド料が含まれています。
その旨ご理解いただき、ぜひweフォーラムと併せて「リトリップ」にもご参加ください。
続きを読む
2014/05/29 11:30 | Weフォーラム情報 | page top
【Weフォーラム2013】へのお誘い(10/5-6、横浜・あざみ野)
「 Weフォーラム2013 in よこはま」は終了しました

参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。
参加されてのご感想、フォーラム運営に対するご意見などございましたら、ぜひお聞かせください。
こちらから http://www.femix.co.jp/contact_us.html

2013年10月8日
Weフォーラム実行委員会・Weの会・フェミックス・スペースナナ
-----

10/5(土)、6(日)とも、当日参加OKです!

Weフォーラム2013 in よこはま

つながる力

地域でゆるやかに支えあう場をつくろう


チラシ表面(pdf)+中面(pdf)
Weフォーラム2013パンフ(表)  Weフォーラム2013パンフ(2)

Weフォーラムは『くらしと教育をつなぐWe』の読者を中心に企画・開催し、ことしで32回目になります。

まじくる>(多様な立場の人がごちゃまぜで関わる)をキーワードに、誰もが安心して集い元気になれる場をつくりたいと願う人たちが集まり、地域の課題解決に向けた創造的な試みや、ゆるやかに支えあうセーフティネットがうまれるしかけづくりについて語り合いたいと思います。

昨年、福島県二本松市で開催したWeフォーラムから持ち帰った「福島を生きる」などのテーマも引き続き取り組んでいきます。(参考:2012年のWeフォーラム

日時 2013年105日(土)~6日(日)
会場 男女共同参画センター横浜北(アートフォーラムあざみ野)
 ※横浜市営地下鉄・東急田園都市線 あざみ野駅下車 徒歩5分 アクセス
 〒225-0012 横浜市青葉区あざみ野1-17-3

参加費 全体会、分科会 各1,000円(学生、経済的事情のある方500円)
参加申込み方法 下記にあるメール、電話、ファックスのいずれかで、(1)お名前、(2)参加ご希望の全体会/分科会、(3)ご連絡先を、実行委員会事務局あてお知らせください(参加費は、当日会場でお支払いください)

問合せ・申込み Weフォーラム実行委員会事務局(フェミックス内)
 TEL 045-482-6711 FAX 045-482-6712 mail we2013(at)femix.co.jp
主催 Weフォーラム実行委員会 共催:Weの会・フェミックス、スペースナナ
後援 横浜市社会福祉協議会
続きを読む

テーマ:イベントニュース - ジャンル:ニュース

2013/10/08 10:25 | Weフォーラム情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
【Weフォーラム2013】 全体会・シンポジウム:"まじくる"っておもしろい(10/5午後、横浜・あざみ野)
「 Weフォーラム2013 in よこはま」は終了しました

参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。
参加されてのご感想、フォーラム運営に対するご意見などございましたら、ぜひお聞かせください。
こちらから http://www.femix.co.jp/contact_us.html

2013年10月8日
Weフォーラム実行委員会・Weの会・フェミックス・スペースナナ
-----

【Weフォーラム2013 in よこはま】 当日参加OKです!

105日(土) 午後
 全体会・シンポジウム 午後1:30~4:30 (受付1:00~)

"まじくる"っておもしろい―社会を変えるたまり場をつくろう

会場 男女共同参画センター横浜北(アートフォーラムあざみ野)
    1階・レクチャールーム 定員120人
参加費 1,000円(学生、経済的事情のある方500円)

【1部】
日置真世さん講師:日置真世さん(ゆるやかな市民革命家&場づくり師)

…障害児の母たちの会からスタートし、目の前の課題を解決することでアメーバ状に発展し、福祉分野のNPOの成功例としていま最も注目されている「ゆるやかな市民革命家&場づくり師」の日置真世さんを北海道釧路からお招きし、多様な人たちが"まじくり"誰もに出番のある場づくりを提案していただきます。

日塔マキさん【2部】
お話:日置真世さん(ゆるやかな市民革命家&場づくり師)
   日塔マキさん(女子の暮らしの研究所)
   小園弥生さん(横浜市男女共同参画推進協会)


小園弥生さん
…震災後福島で「女子の暮らしの研究所」を立ち上げ、「18歳以上ママ未満」の若い女性の立場からの発信や仕事づくりをはじめた日塔マキさん、横浜市の男女共同参画センターでガールズ(働きづらさを抱える若い女性)の就労支援講座やカフェづくりに取り組んできた小園弥生さんを交えて、女性がエンパワメントされるつながりや場づくりをしてきた3人が語り合う元気の出るセッションです。

交流会 午後4:45~5:45
全体会終了後、同じ会場で参加者の交流会を予定しています
続きを読む

テーマ:イベントニュース - ジャンル:ニュース

2013/10/08 10:20 | Weフォーラム情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
【Weフォーラム2013】 分科会3:映画「福島 六ヶ所 未来への伝言」を観て、語ろう(10/6午前、横浜・あざみ野)
「 Weフォーラム2013 in よこはま」は終了しました

参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。
参加されてのご感想、フォーラム運営に対するご意見などございましたら、ぜひお聞かせください。
こちらから http://www.femix.co.jp/contact_us.html

2013年10月8日
Weフォーラム実行委員会・Weの会・フェミックス・スペースナナ
-----

【Weフォーラム2013 in よこはま】 当日参加OKです!

106日(日) 午前 10:00~12:00 (受付9:30~)

分科会3  
映画「福島 六ヶ所 未来への伝言」を観て、語ろう

会場 男女共同参画センター横浜北(アートフォーラムあざみ野) 
    1階・レクチャールーム 定員80人
参加費 1,000円(学生、経済的事情のある方500円) 

…原発事故により甚大な被害を被っている福島と、使用済み核燃料サイクル基地施設受け入れで激しく揺れ動いてきた青森県六ヶ所村。福島と六ヶ所村のいまを生きる人々の姿を通して、私たち一人ひとりはどんな「未来への伝言」を胸に抱くのでしょうか。作品鑑賞後に感想をわかちあう時間をもちます。

映画「福島 六ヶ所 未来への伝言」【あらすじ】
福島第一原発から5キロに住んでいた大熊町の田辺さん一家は、避難先の東京で第2子を出産、「福ちゃん」と名づけた。郡山市で14代続く中村さん一家は、放射能による影響に苦しみながら、田植えをし、稲を刈る。東京に住む河原愛美さんは、核燃施設のある故郷の六ヶ所村を憂う。六ヶ所村泊で漁業を営む滝口さん一家は、青森県太平洋沖のマダラから基準値以上のセシウムが検出されたため穫った魚を海に捨てる。福島と六ヶ所村をつなぐもの…原子力施設を抱える地域で暮らす人々の生活と苦悩を通し、放射能という「負の遺産」をこれ以上増やし続けることの責任を問う。(105分、2013年、監督・島田恵)
続きを読む

テーマ:イベントニュース - ジャンル:ニュース

2013/10/08 10:19 | Weフォーラム情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
【Weフォーラム2013】 分科会4:福島を生きるということ―いのちを守るためにできること(10/6午後、横浜・あざみ野)
「 Weフォーラム2013 in よこはま」は終了しました

参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。
参加されてのご感想、フォーラム運営に対するご意見などございましたら、ぜひお聞かせください。
こちらから http://www.femix.co.jp/contact_us.html

2013年10月8日
Weフォーラム実行委員会・Weの会・フェミックス・スペースナナ
-----

【Weフォーラム2013 in よこはま】 当日参加OKです!

106日(日) 午後 1:30~3:30(受付1:00)

分科会4
福島を生きるということ―いのちを守るためにできること

会場 男女共同参画センター横浜北(アートフォーラムあざみ野)
    1階・レクチャールーム 定員80人
参加費 1,000円(学生、経済的事情のある方500円)

講師 佐々木るりさん(福島県二本松市在住)、満田夏花さん(国際環境NGO FoE Japan)

福島県二本松市で地域の仲間と共に、除染や子どもたちの保養、安全な食品を分け合う「青空市場」を続けている佐々木るりさんから福島の状況を、また「子ども被災者生活支援法」の法制化に尽力されたFoEJapanの満田夏花さんから支援法をめぐるこれからの課題について報告していただき、現実的な施策を促すために私たちにできることを探ります。
続きを読む

テーマ:イベントニュース - ジャンル:ニュース

2013/10/08 10:18 | Weフォーラム情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
【Weフォーラム2013】 分科会1:"まじくる"っておもしろい part2(10/6午前、横浜・あざみ野)
「 Weフォーラム2013 in よこはま」は終了しました

参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。
参加されてのご感想、フォーラム運営に対するご意見などございましたら、ぜひお聞かせください。
こちらから http://www.femix.co.jp/contact_us.html

2013年10月8日
Weフォーラム実行委員会・Weの会・フェミックス・スペースナナ
-----

【Weフォーラム2013 in よこはま】 当日参加OKです!

106日(日) 午前 10:00~12:00 (受付9:30~)

分科会1  
"まじくる"っておもしろい part2

会場 男女共同参画センター横浜北(アートフォーラムあざみ野) 
    2階・セミナールーム2・3 定員40人
参加費 1,000円(学生、経済的事情のある方500円)

講師 日置真世さん(ゆるやかな市民革命家&場づくり師)

まじくる前日(10/5)の全体会でお話を聞いた日置真世さんを囲んで、参加者からの質問や経験談を交え、様々な立場・視点から語り合います。

 日置さんは、障害児の母たちの会からスタートし、目の前の課題を解決しながら発展してきたNPO「地域生活支援ネットワークサロン」で、人を育て、地域の資源を発掘・活用してきました。

 何か新しいことが生まれる<まじくる(=多様な立場の人がごちゃまぜで関わる)>場について、ともに語り合いましょう!

 ※日置真世さんのブログ「新サロン日記」
  http://ameblo.jp/n-salon/
続きを読む

テーマ:お知らせ - ジャンル:ニュース

2013/10/08 10:17 | Weフォーラム情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
【Weフォーラム2013】 分科会2:元被曝労働者ごぼうさんのお話をきく(10/6午前、横浜・あざみ野)
「 Weフォーラム2013 in よこはま」は終了しました

参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。
参加されてのご感想、フォーラム運営に対するご意見などございましたら、ぜひお聞かせください。
こちらから http://www.femix.co.jp/contact_us.html

2013年10月8日
Weフォーラム実行委員会・Weの会・フェミックス・スペースナナ
-----

【Weフォーラム2013 in よこはま】 当日参加OKです!

106日(日) 午前 10:00~12:00 (受付9:30~)

分科会2  
元被曝労働者ごぼうさんのお話をきく

会場 男女共同参画センター横浜北(アートフォーラムあざみ野) 
    2階・セミナールーム1 定員20人
参加費 1,000円(学生、経済的事情のある方500円)

 gobou.jpg講師 ごぼうさん(福島第一原発の元被曝労働者) 

…東電の孫請け会社の元社員として福島第一原発で事故の収束作業をしていたごぼうさんは、解雇撤回闘争を経て、作業員の労働環境の改善や、退職後の健康管理や住居など生活面での待遇改善を求めてたたかっています。

 被曝労働を引き受けて働く人たちと共に、手を携えて原発のない社会をめざしていくために、私たちは何ができるのか、話し合いたいと思います。

We183号(特集:ひとつに縛られない) ※ごぼうさんのお話は、『We』183号に掲載
 http://femixwe.cart.fc2.com/ca20/81/p-r3-s/

 ※ごぼう支援協議会
 ブログ http://goboushiennkyou.blogspot.jp/
 ツイッター https://twitter.com/haikigobou
続きを読む

テーマ:お知らせ - ジャンル:ニュース

2013/10/08 10:16 | Weフォーラム情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>