スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top
最新刊『We』207号(特集:フクシマからヒロシマへ――出会い直す旅)ができました&ちょっと立ち読み
最新刊『We』We207号(特集:フクシマからヒロシマへ――出会い直す旅

ぜひ、手にとってお読みください!
ちょっと立ち読みもできます※リンクは下の方にあります↓↓

we_201704.jpg

http://femixwe.cart.fc2.com/ca25/108/p-r25-s/
(1冊800円・送料82円)

『We』を定期購読しませんか。

http://femixwe.cart.fc2.com/?ca=15
(年6冊5,400円 ※税・送料込み)


特集:フクシマからヒロシマへ――出会い直す旅

福島第一原発の事故から6年の月日が流れ、復興の名のもと、原発事故や放射能の被害がなかったかのように、福島への帰還が推し進められています。今回のWeフォーラムは、広島の方たちが被爆による不安の中で戦後をどのように生き、その体験を伝えてこられたのかを改めて学び、福島の体験と重ね合わせる中で、いま私たちに何ができるかを探っていきたいと思い、広島で開催しました。広島、福島、水俣と体験を重ね合わせ、語りあった全体会の報告です。

*これまでのWeフォーラムの報告や福島をテーマにしたバックナンバーもぜひあわせてお読みください。
180号 Weフォーラム2012in福島報告「分断を超えて--福島を生きるということ」
181号 日塔マキさんへの最初のインタビュー「ガールズからガールズへ」(2012年10月)
185号 女子の暮らしの研究所のリトリップ報告(2013年6月)など
187号 Weフォーラム2013 in横浜報告(日塔マキさん、佐々木るりさんのお話など)
198号 Weフォーラム2015 in水俣報告「水俣と福島のこれからを話そう」など


また、不定期で掲載している、佐治雅子さんへのインタビューの4回目「認知症になってもたのしく暮らしたい」
今回は、雅子さんの不思議な症状についてお聞きしています。

*これまでの記事もぜひあわせてお読みください。
197号 認知症になってもたのしく暮らしたい(1) 
199号 認知症になってもたのしく暮らしたい(2) 
202号 認知症になってもたのしく暮らしたい(3)




*定期購読の皆様には3月28日に発送します。



【Weフォーラム2017 in 広島 報告】
お話 渡部 美和さん・山地 恭子さん・日塔 マキさん
全体会 広島と福島の体験を重ねあわせていま伝えたいこと


★冒頭をちょっと立ち読み↓ (クリックで大きくなります)
we207zentai.gif






【インタビュー】佐治 雅子さん
認知症になってもたのしく暮らしたい(4)
― 症状について知ってほしい



★冒頭をちょっと立ち読み↓ (クリックで大きくなります)
we207masako.gif







表紙の絵は、障がいのある方たちのつくるアート作品を見てもらいたいと「スペースナナ」で毎年開催している「ココロはずむアート展」に出品された小林大起さん(カプカプ竹山/横浜市緑区)の作品(一部)です。



『We』207号をぜひ、手にとってお読みください!
カートのリンク
(1冊800円+税・送料82円)

『We』を定期購読しませんか。
http://femixwe.cart.fc2.com/?ca=15
(年6冊5,400円 ※税・送料込み)
続きを読む
スポンサーサイト
2017/03/24 19:05 | 『We』 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。