スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top
ひげのおばさん子育て日記―子育てに悩む世代へのエール(11月25日、大阪・松原)
『ひげのおばさん子育て日記』の著者・中畝常雄さんと中畝治子さんの講演会です!
----------
障害児もいるよ ひげのおばさん子育て日記〈ひゅーまんフェスタ〉 人権教育推進事業講演会

ひげのおさん

子育て日記

子育てに悩む世代へのエール

家族や周囲も巻き込みつつ、夫婦で障害児ときょうだい児を育ててこられた中畝さんから、仕事も育児もほどほどに、貧乏さえ楽しんでしまう究極のワークライフバランスについて語っていただく講演会。若い世代に「がんばらなくていいんだよ」とエールを送ります!

日時:2009年11月25日(水) 午前10時~11時30分
場所:松原市役所 8階 大会議室
  近鉄南大阪線「河内松原」駅から徒歩約10分 アクセス
講師:中畝常雄さん・中畝治子さん(ともに日本画家) 中畝ギャラリー(ブログ)
定員:先着70人
保育:1歳6カ月から就学前まで先着5人(保育料1人100円) ※11月18日(水)までに申込み
手話通訳・要約筆記:無料 ※11月18日(水)までに申込み
申込み問合せ:松原市教育委員会 地域教育振興課
  電話 072(337-3133)・FAX072(332-7720)

『ひげのおばさん子育て日記』のご紹介:
中畝ファミリー


おもしろい本です。

笑えて泣けて、

いつのまにか

元気になります。





この本は、重度の障害児の長男・祥太くんと二人のきょうだいを、日本画家の仕事と家事・育児を妻と交替しあい、周りの手助けも引き込んで育てた「ひげのおばさん」こと、中畝常雄さんの子育て奮戦記です。

おじさんとおばさんを行きつ戻りつするうちに、男の枠を抜け出して帰る場所がなくなったことを開き直って楽しむ常雄さんと、同じく日本画家の妻・治子さんの辛口コメントとの絶妙のかけあいは、笑えて泣けて、いつの間にか元気になれること請け合い。

乱読大魔王によるこの本の紹介(『We』157号掲載、チラシの裏面に転載)

「中畝本を売る勝手に応援隊」募集中!
  10冊以上1割引になります
  (もちろん、1冊からの注文やお近くの図書館でのリクエストも歓迎です!)
  ご注文はフェミックスまで
  電話 03・3511・0028 fax 03・3511・0029 メール info@femix.co.jp

テーマ:イベントニュース - ジャンル:ニュース

2009/11/02 11:52 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ベーシック・インカムは市場社会に人間の尊厳を取り戻せるか(11月13日、京都) | ホーム | ベーシックインカムと若者について考える講演(11月3日・東京)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/138-7f3804e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。