誰もが暮らせる地域づくりフォーラム(12/5、兵庫・伊丹)
『ひげのおばさん子育て日記』の著者・中畝常雄さんと中畝治子さんの講演会&中畝さんも参加するパネルディスカッション
-----
誰もが暮らせる地域づくりフォーラム
重症心身障害児・者といわれる方々、とりわけ医療的ケアが必要とされる方々の暮らし(生活)について、実際に支援されている方やご家族からのお話を聞くことによって、誰もが安心して暮らせる地域(まち)とは?を考える機会としてフォーラムを開催いたします。
日時:2009年12月5日(土)10:15~17:15
場所:いたみホール(6階 中ホール)
参加費:無料(要事前申込み)※申込先、申込書は下記

プログラム:

09:45 開場
10:15 主催者挨拶 NPO法人地域生活を考えよーかい代表理事 李国本修慈

10:30 講演:『障害児もいるよ ひげのおばさん子育て日記』より
    日本画家 中畝治子さん・中畝常雄さん

12:00 昼休憩

13:30 報告「“誰もが暮らせる地域づくり”をめぐる動向」
    NPO法人地域生活を考えよーかい 李国本修慈

14:40 パネルディスカッション+参加者を交えた意見交換
    メインテーマ「誰もが暮らせる地域となるためには?」
           ~それぞれの立場から~
    サブテーマ「誰もが地域で!」「言ってしまおう!」
           ~重症心身障害といわれる方々の地域生活~
    (パネリスト)
           中畝治子さん・中畝常雄さん
           川村邦子さん(伊丹市肢体不自由児者父母の会)
           久保 洋さん(青葉福祉会)
           杉田穏子さん(青山学院女子短期大学)

申込み・問合せ:NPO法人地域生活を考えよーかい
TEL/FAX 072・785・7873 FAX専用 072・771・1203
※申込みは、下の申込用紙でFAX
チラシ(裏面:申込書
────────────────────────────────────
『ひげのおばさん子育て日記』のご紹介:
中畝ファミリー


おもしろい本です。

笑えて泣けて、

いつのまにか

元気になります。





この本は、重度の障害児の長男・祥太くんと二人のきょうだいを、日本画家の仕事と家事・育児を妻と交替しあい、周りの手助けも引き込んで育てた「ひげのおばさん」こと、中畝常雄さんの子育て奮戦記です。

おじさんとおばさんを行きつ戻りつするうちに、男の枠を抜け出して帰る場所がなくなったことを開き直って楽しむ常雄さんと、同じく日本画家の妻・治子さんの辛口コメントとの絶妙のかけあいは、笑えて泣けて、いつの間にか元気になれること請け合い。

乱読大魔王によるこの本の紹介(『We』157号掲載、チラシの裏面に転載)

「中畝本を売る勝手に応援隊」募集中!
  10冊以上1割引になります
  (もちろん、1冊からの注文やお近くの図書館でのリクエストも歓迎です!)
  ご注文はフェミックスまで
  電話 03・3511・0028 fax 03・3511・0029 メール info@femix.co.jp

テーマ:イベントニュース - ジャンル:ニュース

2009/12/05 17:15 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<講演会「DV防止教育を学校で」(12月5日、京都) | ホーム | 『We』163号は各地へ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/147-369e3dfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |