スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top
ベーシックインカムって何? ―女が語るベーシックインカム入門(2/6、横浜)
2月6日の「BIって何?」は100人近いご参加がありました。
お越しくださったみなさま、開催にあたりご協力くださったみなさま、ありがとうございました。
『We』誌&フェミックスをこれからもよろしくお願いします。

-----
ベーシックインカムって何?

―女が語るベーシックインカム入門

   
日時:2010年2月6日(土)午後2時~4時半
会場:アートフォーラムあざみ野(男女共同参画センター横浜北)セミナールーム
東急田園都市線「あざみ野」東口または横浜市営地下鉄「あざみ野」1番出口より徒歩5分
定員80人
参加費:1000円(事前申し込み 800円)
参加費の減免もあります。事前にご相談下さい。

「ベーシックインカム」とは《すべてのひとが生活に最低限必要な所得を無条件で支給される》という考え方。世帯単位ではなく個人単位に支給されるのも魅力です。

《働いても食べていけない》厳しい雇用状況、福祉政策の破綻の中でにわかに脚光を浴びてきた政策構想で、賃労働だけが労働と認められる社会の中で価値なきものとされてきた障害者の生、女が担ってきた育児・介護などの無報酬労働や社会的に有用でも利潤を生みだせない労働の再評価にもつながる、さまざまな人たちが希望を持ってつながりあうことができる考え方です。

ベーシックインカム研究者の堅田香緒里さん、反婚のシングルマザー桐田史恵さん、シングルマザーで介護労働者&ライターの白崎朝子さんに、女の視点からベーシックインカムについて問題提起していただき、会場の皆さんと語りあいたいと思います。

提起者プロフィール
堅田香緒里 埼玉県立大学助教。最近の論文「ベーシック・インカムとフェミニスト・シティズンシップ―脱商品化・脱家族化の観点から」『社会福祉学』50巻3号、「ベーシック・インカムをめぐる疑問に答える」『週刊金曜日』741号

桐田 史恵 2008年、反婚パレードを企画。陽のあたる毛の会メンバー。リーフレット『婚姻制度をしっていますか?』を作成、陽の当たる毛の会ウェブサイト(http://hinoataruke.org/)で公開。

白崎 朝子 介護福祉士・ライター。著書『介護労働を生きる』(現代書館、2009年)。『季刊福祉労働』(現代書館)、『世界』(岩波書店)、『週刊金曜日』『シルバー新報』等に執筆。

主催・問合せ:フェミックス
 メール bi2010@femix.co.jp TEL 03・3511・0028 FAX 03・3511・0029 
 HP http://www.femix.co.jp/
 Blog  http://femixwe.blog10.fc2.com/
共催:マザーズジャケット
────────────────────────────────────
『くらしと教育をつなぐWe』のご紹介:
ベーシック・インカムについて考える162号、163号、164号
We162号
162号 特集:楽になる道を探そう
*山森亮さんインタビュー
「ベーシック・インカム─生きていることがすなわち労働」を掲載




We163号
163号 特集:楽になるためのしくみを作ろう
*162号のベーシック・インカム記事への反響を「読者のひろば」に掲載
*「乱読大魔王日記」では、11月13日の同志社でのBIシンポ「ベーシック・インカムは市場社会に人間の尊厳を取り戻せるか」、ならびに橘木・山森対談集『貧困を救うのは、社会保障改革か、ベーシックインカムか』を紹介。
We164号
164号 特集:つながりのなかで安心して生きる
*堅田香緒里さんインタビュー
「ベーシック・インカムに女性の視点を」を掲載




いずれも、A5判、80ページ、1冊800円(送料は1冊あたり80円)
ご注文は表紙画像をクリックでwebから、またはフェミックスへご連絡ください

テーマ:イベントニュース - ジャンル:ニュース

2010/02/06 14:00 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<女性センターはどこへいく?~働く人と使う人で考える~(2/11、東京) | ホーム | 『We』164号の紹介>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/158-13693ed4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。