スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top
なんで有期雇用なん!?(2/27、大阪) 
『We』読者からの情報です!
-----

なんで有期雇用なん!? 

大学非正規労働者の雇い止めを許さない関西緊急集会

日時:2010年2月27日(土)13時~16時
場所:エルおおさか 7階708会議室(地下鉄谷町線天満橋下車)
 基調講演 脇田滋さん(龍谷大学/労働法)
 現場から報告
 アピール採択
主催:「大学非正規労働者の雇い止めを許さない関西緊急集会」実行委員会 
呼びかけ文:

大学、官公庁、一般企業の間で、更新の年限を定めた有期雇用が広がっています。

恒常的な業務であるにもかかわらず、数年で一律に雇い止めとなる有期雇用、私立大学ではずいぶん前から導入され、既に常態化していますが、国立大学でも2004年の法人化以降、各大学で有期雇用が導入されてきました。
京都大学では5年。大阪大学では6年*

今年3月、全国の国公立大学、私立大学で大量の解雇が実施されます。

現在大学で働く非正規労働者の多くは女性です。
大学に限らず、非正規労働の根底には女性労働の搾取の問題があります。
主婦のパート仕事として位置づけられ、夫に扶養されることを前提にしているため待遇は改善されず、それが今では20代・30代の女性・男性がおかれる当たり前の労働環境になりつつあります。

数年ごとに雇い止めを行い、人だけ入れ替えるのは単に「首のすげかえ」であり、反復更新を繰り返すことにより、更新期待権が生じないようにするための方法です。

しかし、多くの非正規労働者は「有期雇用であることを知って契約にサインしたのだから、雇い止めになっても仕方ない。」と諦めます。

けれども、私達は声を上げます!

「なんで有期雇用なん!?そもそも、有期雇用自体がおかしいんちゃう!?」


有期雇用は「人を育てない・育てる気がない」、人々の働く力を貧困化させていくシステムだと考えます。

更新や雇い止めの不安に怯えながら働くのではなく、腰を据えじっくりとその仕事に携わりたい!
同じ仕事をしているのであれば、正規労働者と同一の賃金・待遇を!

その思いを抱えた関西の国公立・私立大学の非正規労働者たちが大学を超えて集まり、今年3月末に各大学で行われる雇い止めを実行させないため、緊急集会を開くことになりました。

有期雇用に疑問と不安を抱きつつも、声を上げられない非正規労働者の方々に「共に声を上げよう!」と呼びかけ、有期雇用の問題性**を明らかにし、抜本的な解決策を皆さんと共に考える場にしたいと考えています。

* 阪大は法人化以前からの長期非常勤職員も今後5年で雇い止めにすると発表しました(一部を特例職員として登用)。
** 現在、派遣法改正が国会で論議されています。派遣から直接雇いになったとしても、それが期限付きの有期雇用なら、労働者は不安定なままです。派遣と有期雇用を正しく規制していくことは、非正規労働者の生存を守るために必須の、車の両輪といえる問題だと私たちは考えています。

呼びかけチラシ(PDF)

テーマ:イベントニュース - ジャンル:ニュース

2010/02/27 13:00 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「死んどるヒマはない」 ~平和運動家・益永スミコの半生~(2/28、東京・調布) | ホーム | 『We』購読ありがとうございます。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/172-14d3df0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。