シンポジウム「若者が語る差別」(3/20、大阪)
『We』読者からのイベント情報です!
-----
シンポジウム 若者が語る差別

“親しい相手に自分の立場をどう伝えたらいいんだろう?”
“人権教育や啓発で語られる被差別者の姿と現実の自分には距離があるんだけど”
“直接的な差別を受けたことはないけど、何か生きづらさは感じている”


目に見える差別は少なくなってきたと言われる現在、被差別の立場をもつ若者たちは、自分たちの問題にどのように向き合っているのでしょうか。「差別を見抜く力が弱くなった」などとしばしば批判されることも多いですが、現実の若者は自分たちの問題や他の差別・社会問題に多様な関わりをもとうとしています。若者たちは自分の言葉でどのように差別問題を語っていけるのか?性的少数者、在日コリアン、被差別部落、障害者の立場をもつ若者たちの語り合いから考えていきたいと思います。

日時:2010年3月20日(土)午後1時~ 定員:72名(当日先着順)       
場所:大阪人権博物館(リバティおおさか)研修室 アクセス        
 JR環状線「芦原橋」、JR環状線・大和路線「今宮」、南海汐見橋線「木津川」から徒歩
参加費:入館料のみ(大人250円、高校生・大学生150円)
シンポジスト 
・西千鶴(QWRC Queer and Women's Resource Center くぉーく)
・武田緑(CORE+ 教育の多様性体感プロジェクト)
・金和子(在日コリアン青年連合
問い合わせ:大阪人権博物館(リバティおおさか)
〒556-0026 大阪市浪速区浪速西3-6-36
 TEL 06・6561・5891
 FAX 06・6561・5995

─────────────────────
関連情報:
西千鶴さんも書いてる本 『トランスがわかりません!!』 『恋愛のフツーがわかりません!!』
トランスがわかりません!! ゆらぎのセクシュアリティ考 恋愛のフツーがわかりません!!―ゆらぎのセクシュアリティ考2
※この2冊は『We』157号の「乱読大魔王日記」で紹介しました。

武田緑さんも登場するビデオ
ぶらく新世代シリーズ グローカルに生きる Vol.3『出会いを紡ぐ』 視聴
ぶらく新世代シリーズ グローカルに生きる

テーマ:イベントニュース - ジャンル:ニュース

2010/03/20 13:00 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<いまここで、生きていく。力と工夫とつながりと(3/20、大阪・南方) | ホーム | 「Weフォーラム2010」の実行委員会をひらきます(3/20、横浜)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/182-6c5daded
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |