スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top
講演「寝た子を起こして、仲良くごはん」と写真展「対岸の肖像」(新潟、講演5/5、写真展~5/5)
『We』165号でお話をうかがった川崎那恵さんが、新潟で講演されます。
あわせて、川崎さんも被写体となった写真展「対岸の肖像~BURAKUとのかけ橋~」も開催中です。
お近くの方はぜひお運びください!
-----
新潟県立環境と人間のふれあい館(新潟水俣病資料館)では、新潟水俣病への理解を深め偏見や中傷をなくしていくための取組として、若い世代が差別や人権の問題をどう感じ、自らどう取り組んでいくかなどをテーマとした講演会と人権に関する写真展を開催します。※講演会、写真展とも入場無料、申込不要

講演
「寝た子を起こして、仲良くごはん
       ~阿賀に生きる人々に学んだこと~


日時:2010年5月5日(祝・水)午後1時30分~3時
講師:川崎那恵(かわさき・ともえ)さん
会場:新潟県立環境と人間のふれあい館 ホール


写真展
「対岸の肖像~BURAKUとのかけ橋~」

期間 2010年4月25日(日)~5月9日(日) ※4/26(火)、5/6(木)は休館
    午前9時30分~午後4時30分まで(最終日は午後2時まで)
会場:新潟県立環境と人間のふれあい館 研修室
企画・制作:大阪市新大阪人権協会

主催:新潟県立環境と人間のふれあい館/協力:大阪市新大阪人権協会
問い合わせ:環境と人間のふれあい館
 950-3324 新潟市北区前新田字新々囲乙364-7
 電話:025-387-1450 ファクシミリ: 025-387-1451
川崎さんからのメッセージ
部落出身であること。そのことを自分をかたちづくる大切なひとつのこととして発見し出会いなおし、自分を流れているルーツにおおらかにくるまれつつ、さらに、あたらしい一面をみつけてそれで自らをくるみかえすような。そんなふうに、のびのびと、しなやかに、生きたい。生きていけるかも。・・・と思えたのは、阿賀野川という恵みあふれる川とともに、暮らしてきた阿賀に生きる人びとの出会いがあったからこそ。

そんな話をしたいと思います。

We165号『We』165号の川崎さんインタビュー「人との出会いが、自分の生きていく力になる」もぜひお読みください!

※記事のリード文紹介はこちら

1冊800円(送料別)
ご注文は表紙画像をクリック

テーマ:イベントニュース - ジャンル:ニュース

2010/04/28 16:42 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<メイシネマ祭2010(東京、5/2-3-4) | ホーム | 「福島みずほさんとガールズの語る会」のTwitter中継まとめ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/193-73a3ac92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。