スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top
『We』168号、特集記事のリード文を紹介
『We』168号では、特集としてWeフォーラムの報告記事を掲載しています。
興味はあるけど、どんなんかもうちょっと知りたい、という方に、各記事のリード文を紹介します。

特集:生きていくために必要なものを要求する

We168号
【Weフォーラム報告】
ベーシックインカムでつながれるか、変えられるか
  白崎一裕さん、稲葉剛さん
  竹信三恵子さん、西川正さん

【Weフォーラム報告】 うてつあきこさん
明日から楽になるために─活動女からの提案

━━特集記事━━
【Weフォーラム報告】
ベーシックインカムでつながれるか、変えられるか

働く場やその条件が苛酷になっている今、そして賃労働の世界に入れない人たちも多い今、「働くこと」と「生きるために必要なお金を得ること」を切り離していいのではないかと考えるしくみの一つがベーシックインカム(BI)だ。誰もが安心して生きられる社会を実現するために有効なのは、BIなのか、あるいは別の道なのか。お金を支給すれば問題は解決するのか、お金がそんなになくても生きていける世の中をつくれないか。BIを切り口に白熱した議論が交わされたWeフォーラム全体会の報告です。

【Weフォーラム報告】 うてつあきこさん
明日から楽になるために─活動女からの提案

うてつあきこさんは、路上生活者、生活困窮者の自立支援をおこなう「NPO法人自立生活サポートセンター・もやい」で、誰でも立ち寄れるこもれびサロンやコーヒー焙煎のコーディネーターを務めてきた。Weフォーラムの分科会では、「もやい」という男性中心の活動の場で、うてつさんが感じてきた居心地の悪さや葛藤を、自己分析をまじえて提起していただいた。遅咲きのフェミと名乗るうてつさんのお話は、古くて新しい問題をなげかける。                            

━━その他の記事・連載━━

【Weフォーラム報告】  
共修の家庭科、15年が過ぎて

【家庭科新時代】
・オホーツクの潮風荒く(江口凡太郎)
・授業実践 風がかわる匂いがかわる:
 さまざまなライフイベントをどう乗り越える?(2)
 自分の気持ちに気づく(浅井由利子)
・「ひまわり」の日々:支えられて(入江一恵)

【連載】
・往復書簡:淡々と(木村栄・向井承子)
・乱読大魔王日記(冠野文)
・同時代の男性学:男はどこだ?(沼崎一郎)
・遊びをせんとや生まれけむ:二つの遊び(西川正) 新連載
・ジソウのお仕事:嫌われM男のこれから(青山さくら)
・取り乱し アフター風俗の日々:葬式(鈴木水南子)
・こんな生き方あってもいいなぁ 気まぐれ連載
 「性的マイノリティ」ってひとくくりにされたくない(葵)

・Weフォーラム報告
・読者のひろば

We168号『We』168号を買いたい方は表紙をクリック(800円・送料別)
『We』の定期購読(年6冊・送料込み、5000円)も受付中!



テーマ:お知らせ - ジャンル:ニュース

2010/10/27 17:00 | 『We』 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<沼崎さん講演会「なぜ男は暴力を選ぶのか」(11/14、大阪・京橋) | ホーム | 社会問題連続ベーシックセミナー 「セクシュアリティの多様性」(10/29、大阪・箕面)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/226-5b9ccfaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。