スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top
沼崎さん講演会「なぜ男は暴力を選ぶのか」(11/14、大阪・京橋)
『We』で「同時代の男性学」を連載中の沼崎一郎さんの講演会です。
会場で『We』や、性暴力や DVの被害者になることを防ぐための実用的な性教育本『「ジェンダー論」の教え方ガイド』を販売させていただく予定です。

=================
 なぜ男は暴力を選ぶのか
  身近な人をDV被害から守るために

=================

暴力という問題に男の立場から取り組む沼崎先生の明快でわかりやすい講演会。

暴力って何だろう? それは、こわがらせ、あやつる力
こわい思いをさせるなら、それは暴力
不自由な思いをさせるなら、それは暴力
身近な人をDV被害から守るために!

numazaki_2010_osaka.jpg
日時:2010年11月14日(日)
  14:00~15:30(開場13:30)
講師:沼崎一郎(東北大学大学院教授)
会場:クレオ大阪東  *アクセス・地図 
  JR「京橋駅」南口より鴫野橋をわたって徒歩10分
受講料:無料
問い合わせ:tel 06-6965-1200 fax 06-6965-1500
一時保育:1歳~就学前まで。一時保育希望の方は、子どもの氏名(ひらがなで)と生年月(○年○月生まれ)を書いて、要事前申込み(締切11月6日)
主催:大阪市・大阪労働協会

     画像クリックでクレオ大阪東のページへ→
チラシ
↓画像クリックでpdfファイルへ
なぜ男は暴力を選ぶのか

沼崎さんの著書
『「ジェンダー論」の教え方ガイド』 フェミックス刊
※当日、会場で販売します
「ジェンダー論」の教え方ガイド

ある日突然女子大で「ジェンダー論」を教えることになった著者。しかし、ありきたりの「ジェンダー論」が嫌いな著者が、大教室のマスプロ授業で、私語と携帯メールに余念がない学生たちを相手に、試行錯誤の授業の末たどり着いた結論は、「ジェンダー」にまつわるテーマのなかで一番重要なのは、彼女たちが性暴力やDVの被害者になることを防ぐための実用的な性教育であるということだった。

教員の任務はそのための“目覚まし時計”になることと“覚醒したあと”の自立支援…と、思い至った著者の、時に挑発的に時にサポーティブに展開する授業実践の記録をまとめたのが本書です。

A5判 128ページ、1260円

テーマ:イベントニュース - ジャンル:ニュース

2010/11/01 15:30 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<沼崎さん講演会「なぜ男は暴力を選ぶのか?」(11/13、佐賀・鳥栖市) | ホーム | 『We』168号、特集記事のリード文を紹介>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/227-b95ba4ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。