08/12/20-21(大阪) ワン・ワールド・フェスティバル


12月20日-21日と大阪でひらかれる「ワン・ワールド・フェスティバル」
2日間にわたり、たのしそうな、おもしろそうな、いろんなことがありますが、プログラムの一つ、映画上映のご案内です。

▼「世界人権宣言60周年」を迎える2008年、ワン・ワールド・フェスティバルでは映画を通して人権について考えます。人権や貧困問題、紛争、難民、児童労働などに問題意識を持っている各団体がお薦めする、既存の映画館では上映される機会の少ない映画プログラムです。

▼12月20日(土曜日)

◎ふるさとをください(日本語・字幕付)
開場=10時、上映開始=10時30分、料金=無料

◎ダルフール・ナウ(英語字幕)※日本語字幕なし
整理券発行=10時、開場=12時30分、上映開始=10時40分、料金=500円
関連グッズ販売、署名集め

◎女工哀歌(エレジー)(日本語字幕付)
整理券発行=12時、開場=15時、上映開始=15時10分、料金=1000円
トークイベント「世界の児童労働問題について」
解説者=白木朋子さん(児童労働を考えるNGO・ACE(エース)事務局長)

▼12月21日(日曜日)

◎ビルマ、パゴタの影で(英語&カレン語字幕、日本語字幕付)
開場=9時30分、上映開始=10時、料金=無料
トークイベント「ビルマの少数民族問題解説&サイクロン被災者支援報告」
解説=フォトジャーナリスト宇田有三さん

◎Is this life?ーインドの女の子たちの現実ー(ヒンディー語・日本語字幕付)
整理券発行=10時、開場=12時30分、上映開始=12時50分、料金=無料

◎すべての人は自由で平等…(英語・日本語字幕付)
整理券発行=12時、開場=14時30分、上映開始=14時40分、料金=無料
トークイベント「観客との意見交換」
ファシリテーター=田上時子さん(ドーンセンター・コーディネーター)


オレンジ色のすてきなチラシも配布中。
http://blog.canpan.info/owf/archive/77


★フェスティバルの会場は
大阪国際交流センター(アイハウス)
大阪市天王寺区上本町8-2-6
◎最寄り駅は「谷町九丁目」または「上本町」または「四天王寺前夕陽丘」です。

★ワン・ワールド・フェスティバルの開催概要や、詳しいプログラムはこちら
http://www.interpeople.or.jp/owf/programs.php


以上、両日とも出勤シフトのためにフェスティバルに行けない乱読大魔王でした。

2008/12/14 11:37 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<08/12/20(大阪)「オフサイド・ガールズ」上映会 | ホーム | 『障害児もいるよ ひげのおばさん子育て日記』の感想をお聞かせください!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/24-00e6bee3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |