『We』172号「特集 原発のない社会を」発行しました
『We』172号を発行しました。
※定期購読者のみなさまには5月31日に発送しました。

↓ 172号のweb注文はこちら 1冊800円(送料80円)
http://femixwe.cart.fc2.com/ca18/69/p-r18-s/

『We』172号 特集:原発のない社会を

172号では、藤田祐幸さんへのロングインタビュー「希望と絶望のはざまで─チェルノブイリ・福島の悲劇を繰りかえさないために」を掲載。また、京都で反原発に取り組むグループによる小冊子「天災は止められへん。けど原発は止められる。」の抄録、被災地からの報告など、読者のネットワークを生かしたタイムリー&貴重な情報が満載です。この機会にぜひお求めください。

『We』172号【インタビュー】藤田 祐幸さん
希望と絶望のはざまで
─チェルノブイリ・福島の悲劇を繰りかえさないために


【抄録】関電の原発を止める会(大風呂敷)(仮)
天災は止められへん。けど原発は止められる。

【複眼でみる】米田光晴さん、菊地哲也さん
地域で安心して暮らすために
─障害者にとっての成年後見制度


【家庭科新時代】
・オホーツクの潮風荒く(江口凡太郎)
・授業実践 風がかわる匂いがかわる(浅井由利子)
 「原発」に賛成?反対?
・「ひまわり」の日々:Aさんの笑顔(入江一恵)

【連載】
・往復書簡:天災と人災(木村栄・向井承子)
・乱読大魔王日記(冠野文)
・同時代の男性学:私の震災レポート(1)(沼崎一郎)
・遊びをせんとや生まれけむ:遊びがつくる「のりしろ」(西川正)
・ジソウのお仕事:分からないままに(青山さくら)
・取り乱し アフター風俗の日々:セックスワーカーであったという「告白」(鈴木水南子)
・お勧め最新映画情報:(シネマとフェミニズム研究会)
・スペースナナ日記:チャリティバザーでつながる(柴田暁子)

・読者のひろば(福島、仙台、埼玉、東京…各地からの報告)
・編集後記

we_201106.jpg※web通販でも発売中※
↓ 172号のご注文はこちら 1冊800円(送料80円)
http://femixwe.cart.fc2.com/ca18/69/p-r18-s/

フェミックスの事務所(スペースナナ内)でも販売しています。 お問い合わせ tel 045-482-6711 fax 045-482-6712

スペースナナ
横浜・あざみ野で、つどい、つながり、楽しさを生むところスペースナナ。ギャラリーやカフェ、フェアトレードショップもあるスペースです。どなたでもお立ち寄りください。
※東急田園都市線、横浜市営地下鉄「あざみ野」駅・西口より徒歩6分 アクセス地図 (営業時間:11時~18時*定休日火曜 日曜・祝日はオープン)

テーマ:お知らせ - ジャンル:ニュース

2011/06/01 12:02 | 『We』 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<< 【鎌仲ひとみさん講演会】原発・放射能と人の営み―映画を通して考える―(6/9、東京・東京女子大) | ホーム | つながりあう、ささえあう  ネパリ・バザーロの震災支援のお話 今、わたしたちにできること(6/4、横浜・あざみ野)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/313-72d3e068
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |