誰もがあたりまえに暮らしていける地域・社会・国づくりを横浜から!(8/27、横浜)
*申込み締め切り=8/19(金)です

『We』173号『We』173号で、「誰もが当たり前に生きていくために─24時間の生活支援を〈仕事〉にする」のお話をうかがった李国本修慈さんも主催者のおひとりです。

重い障害がありながらも自身の暮らしを築き、謳歌する姿は、制度がどうあろうと厳然と存在しています。「誰もが当たり前に暮らしていける地域・社会・国づくり」を、横浜で共に語り合いましょう!
-----

誰もがあたりまえに暮らしていける地域・社会・国づくりを

横浜から!


~重症心身障害児・者といわれる方々と共に生きていく実践報告とアピール宣言~

新しい法律、制度が検討されています。私たちがこれまで関わってきた重い障害のある人たちの地域での暮らしは、どうなっていくのでしょう。

私たちのそばで、重い障害がありながらも自身の暮らしを築き、謳歌する姿は、制度がどうあろうと厳然と存在しているのであり、共にそこに在りたいとする支援者の意志も変わることはありません。こんな時だからこそ、全国の志を同じくする者たちで集まりましょう!

各地の現状を交換し、共有しましょう!
暑い横浜で、重い障害のある人たちの未来を熱く語り合いましょう!

日時:2011年8月27日(土)10:15~16:30
場所:障害者スポーツ文化センター 横浜ラポール(JR新横浜駅から徒歩10分) 交通アクセス
 〒222-0035 横浜市港北区鳥山町1752
 Tel 045-475-2001 Fax 045-475-2053
申し込み:申込用紙に必要事項を記入の上、FAXでお申し込み下さい。
参加費:無料(資料代1,000円)
その他:終了後、17:30より懇親会を予定しています。ご希望の方は申込用紙にご記入下さい。
申し込み締切りは、8月19日(金)

プログラム ↓↓
現状共有のための情報提供
 ・障がい者制度改革推進会議総合福祉部会の状況報告
実践報告
 (1)米子より 鳥取県立総合療育センター・小泉氏 
 (2)伊丹、尼崎より しぇあーど・国本氏
 (3)室蘭より があだぱーと
 (4)大阪より(調整中)
会場全体で、全国各地からの報告
先達に聞く「わたしの出発点」
 ・日浦美智江氏( 元施設長)
 ・廣瀬治代氏(愛光園 元施設長)
 ・下郡山和子氏(仙台つどいの家 施設長)
 ・清水明彦氏(青葉園 元施設長)
これからのネットワーク化に向けた宣言

主催:ラーの会(重症心身障害児・者といわれる方々らと共に生きる会)
呼びかけ人:
 清水明彦(青葉園・西宮)
 李国本修慈(しぇあーど・伊丹)
 名里晴美(訪問の家・横浜)
-----
『We』173号 特集:ひとりでもはじめてみよう
『We』173号お話 鎌仲ひとみさん
世界に変化をもたらしたければ自らがその変化となれ


インタビュー 李国本修慈さん  
誰もが当たり前に生きていくために
─24時間の生活支援を〈仕事〉にする


1冊800円(送料80円)
ご注文はこちら
http://femixwe.cart.fc2.com/ca18/70/p-r18-s/

テーマ:イベントニュース - ジャンル:ニュース

2011/08/18 18:23 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<映画「中村のイヤギ」上映会と監督・張領太さんのお話(8/28、大阪・豊中) | ホーム | EDU★COLLE2011~多様な教育の博覧会~(8/21、大阪・天王寺)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/344-eb819690
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |