みんなが安心して暮らせる地域をつくるために~コミュニティカフェからの発信~(9/10、横浜・あざみ野)
スペースナナ_ロゴフェミックス事務所のあるスペースナナは、世代や性別、障害の有無、国籍などを超えて、多様な人たちがつながりあい、支えあい、元気になれる地域づくりをめざしたコミュニティカフェ。そのスペースナナ主催のシンポです。
-----
みんなが安心して暮らせる地域をつくるために

~コミュニティカフェからの発信~


みんなが安心して暮らせる地域をつくるために~コミュニティカフェからの発信~

地域の中で、多様な人たちが出会い、つながり、支えあい、元気になれる場所をつくりたい!

「スペースナナ」は誰もが立ち寄れる場所をもちたいと、横浜市空き店舗活用事業の支援を受けて昨年12月、青葉区・あざみ野にオープンしました。ギャラリーやカフェ、フェアトレードのショップ、スタジオなどがあります。

今回、個性ゆたかなコミュニティカフェを開いて運営してきた方がたをお呼びし、誰もが安心して暮らせる地域をつくるための知恵を交換し、コミュニティカフェの可能性を探ります。

日時:2011年9月10日(土)13:30~16:30(13:00開場)
会場:アートフォーラムあざみ野 レクチャールーム(1F)
参加費:1,000 円 (学生、失業など経済的な事情がある方は500円)
定員:100人
申込み/問合せ:名前と連絡先をメールまたは電話、faxでスペースナナまで(先着順)
e-mail: event@spacenana.com tel:045-482-6717 fax:045-482-6712
保育:1歳6ヵ月から未就学児(予約制・有料)
 ※保育予約は9月6日(火)17:00までに直接「子どもの部屋」へtel:045-910-5724

パネリスト:
  新井純子さん「ヘルシーカフェのら」設立メンバー、子育てひろばを担当)
  荻村しをりさん(弁護士、「ヴィ街なか」設立メンバー、経理・総務を担当)
 ※ご都合により「ヴイ街なか」の報告は大谷恭子さんから荻村しをりさんに変更となりました。(8/23修正)
  新堂泰江さん「かれん」、社会福祉法人かれん理事、カフェモア担当)
  中畝常雄さん「スペースナナ」設立メンバー、ギャラリー担当)
コーディネーター:
  国広陽子さん「スペースナナ」設立メンバー、東京女子大学教員)

主催: スペースナナ
*提供された個人情報は、今回の事業実施のみに利用し、その他の目的で利用することはありません。
*このシンポジウムは、男女共同参画センター横浜北2011年度「市民・NPOがつくる男女共同参画事業」市民企画講座・ワークショップの事業として行います。
パネリスト・コーディネーターの紹介
●新井純子さん 
新井純子さん転勤族の妻の孤独な子育てを公民館の学びに救われる。さいたま市で市民グループ「あれあれあ」を立ち上げ、労働・子育て・男女共同参画などを学び、M字型ボトム主婦の生活意識調査を行う。ワークショップの提供や育児支援に携わりながらコミュニティカフェづくりを模索。
2009年、食材と生活雑貨・食堂・広場の3 つの機能をもった新しいスタイルの「ヘルシーカフェのら」(http://www.healthycafe-nora.com/)をオープン。「広場」担当として運営に携わる。

●荻村しをりさん 
0829_ogimura-1.jpg
2011年3月まで保育園園長。95年の北京世界女性会議参加をきっかけに、1998年5月友人たち共同出資でウィメンズショップ・パッチワークを開店。カフェ・レストラン・カルチャースクール・貸しスタジオ・生活相談などを通して、安心・安全な食事と学び・集いの場を提供する「ヴイ街なか」(http://www.vi-machinaka.co.jp/)設立に携わり、経理・総務担当。フェアトレードや「ダイニング街なか」にもボランティアとして関わる。女性、環境、人権を基本に、自分の持ち場で展開する活動が好き。
 ※ご都合により「ヴイ街なか」の報告は大谷恭子さんから荻村しをりさんに変更となりました。(8/23修正)

●新堂泰江さん
新堂泰江さん87年より精神障がいの人たちの作業所でボランティアを続けていたが、「かれん」の母体となった 「みんなのお店」が97年に地域作業所「オーガニックスペースかれん」 を開所した時にスタッフとなる。 2002年、アート活動とギャラリーを運営する作業所「 アートかれん」(http://karen.or.jp/art/)の開所に深くかかわり、現在は「かれん」 の人たちの作品を常設展示するギャラリーカフェ「カフェモア」 を担当。 人と生き物が支え合うまちづくりを模索し、動物愛護活動や平和運動にもかかわる。

●中畝常雄さん
中畝常雄さん「スペースナナ」設立メンバーで、ギャラリー・絵画教室担当。日本画家。東京芸術大学大学院卒。同級生の治子と結婚し、1984年重い障がいのある長男・祥太が生まれたことから、子育ても仕事も、障がい児の親の活動も2人交代でする生活を始める。 長男を亡くした後も、(社福) グリーンの後援会長、新治特別支援学校サタデイコンサートの運営委員を務め、地域の障がい者のグループで西アフリカの太鼓とダンスのワークショップも開く。著書に『ひげのおばさん子育て日記』(フェミックス)がある。

●国広陽子さん 
国広陽子さんスペースナナ設立メンバー。 東京女子大学教員。 NHKを退職後、博士号(社会学)を取得し、武蔵大学教員を経て現職。日本社会における女性の主婦化、 女性たちの政治参加や社会的活動、メディアとジェンダーなどについての研究が多く、著書に『主婦とジェンダー』『地域社会における女性と政治』など。 横浜市男女共同参画審議会会長。26年間あざみ野に在住し、現在も当地での「女性と政治を考える会」 メンバー。


<会場のご案内>

「アートフォーラムあざみ野」地図◆男女共同参画センター横浜北
 「アートフォーラムあざみ野」
(横浜市青葉区あざみ野南1-17-3)
◇交通のご案内
東急田園都市線
「あざみ野駅」東口 徒歩5分
横浜市営地下鉄
「あざみ野駅」1番出口 徒歩5分
*できるだけ公共交通機関をご利用ください。
*駐車場は予約制(有料)です。

テーマ:イベントニュース - ジャンル:ニュース

2011/09/09 08:33 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<地域生活支援のあり方を、当事者・行政・事業者・市民で考えるフォーラム(9/11、兵庫・伊丹) | ホーム | お産のワークショップ ~知っていますか?あなたが持っている"産む力"~(9/9、大阪・豊中)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/345-fd4046eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |