スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top
描く喜び ―カンボジアの子どもたちの作品展(10/26~31、横浜・あざみ野)
We174号『We』174号「子どもの内なる力をひきだす―小さな美術スクールの試み」のお話をうかがった笠原知子さんの一時帰国にあわせ、子どもたちの作品展と、笠原さんのお話し会を、『We』編集部のあるスペースナナでひらきます。
-----

描く喜び カンボジアの子どもたちの作品展

日時:2011年10月26日(水)~10月31日(月) 11時~18時
会場:ギャラリーナナ(スペースナナ内)
 ※東急田園都市線、横浜市営地下鉄「あざみ野」駅・西口より徒歩6分 アクセス地図
描く喜び ―カンボジアの子どもたちの作品展(

カンボジアのアンコールワットのある町シェムリアップで小さな美術スクールを主宰する笠原知子さんは都立高等学校の美術教師でした。2003年からの準備期間を経て2007年退職し、2008年12月子どもたちのための無料の美術スクールを開きました。この美術スクールを拠点に孤児院、コミニュティセンター、小学校などで出前授業にも取り組み、現在スクールと合わせて150人の生徒がいます。

カンボジアでは学校で美術の教科はなく、多くの子どもが絵を描くのは初めての体験です。絵の具や筆、きれいな画用紙に初めて触れ、絵の具の混色に目を輝かせ、自分が描いた絵に満足しています。この活動も3年がたち、絵も上達しました。この子どもたちの作品をギャラリーナナで展示いたします。描く喜びにあふれた作品を是非お楽しみください。

笠原知子さんのお話し会
10月30日(日)14時~ スペースナナにて
笠原さんが、絵を描く子ども達、カンボジアの暮らしと人々、この活動の広がりなどについてのお話をしてくださいます。また会場では、作品の絵葉書、カレンダー、籐のトレイ、一部の原画も販売いたします。これらの収益は、小さな美術スクールの活動に使われます。どうぞお越しください。
-----
We174号『We』174号 特集:風穴をあけよう II
【インタビュー】笠原知子さん
子どもの内なる力をひきだす―小さな美術スクールの試み
http://femixwe.cart.fc2.com/ca18/71/p-r18-s/

(1冊800円+送料80円) ※会場のスペースナナでも販売中

テーマ:イベントニュース - ジャンル:ニュース

2011/10/24 10:59 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<連続講座 障がいのある子とともに Part5 【全6回】 (10/1~11/14、横浜・あざみ野) | ホーム | 京都のガケ書房さんで、『We』174号を販売中!(京都市左京区)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/369-618083ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。