スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top
「松崎ヤエ 70歳からの色えんぴつ画」展(12/14~19、横浜・あざみ野)
『We』148号『We』148号で、「路地裏の豊かさ」のお話をうかがった松崎運之助さん。フェミックス事務所のあるスペースナナ内のギャラリーにて、運之助さんの母・松崎ヤエさんの色えんぴつ画展をひらきます。12/17(土)には、運之助さんのトーク「母を語る、長崎を語る」も開催。
-----

「松崎ヤエ 70歳からの色えんぴつ画」展
松崎-海_c


70歳を過ぎてようやく自分の時間をもつことができた松崎ヤエさん。公民館の講座で色えんぴつ画を習い、子どもたちを育てた長崎の街を描いた絵は、お人柄そのままにやさしく温かく、みる人を魅了します。

ヤエさんが77歳で亡くなったあと、息子の運之助さんが押入れからたくさんの色えんぴつ画を見つけました。今回ギャラリーナナではヤエさんの作品を展示するとともに、17日(土)には絵を見ながら運之助さんにお母さんのこと育った長崎のことを話していただきます。

日時:12月14日(水)~19日(月) 11:00~18:00 12/19(月)は臨時営業
会場:ギャラリーナナ(スペースナナ内) アクセス地図

ギャラリートーク
 「松崎運之助 母を語る、長崎を語る」 ↓
1920(大正9)年生まれの松崎ヤエさんは結婚後渡った満州で生まれた子ども4人のうち3人を引き揚げの混乱の中で亡くしました。帰り着いた長崎で子どもが2人生まれた後、夫と離別。バラック小屋に住み日雇いをしながら3人の子供を育て上げました。
満州で生まれた運之助(みちのすけ)さんは東京の夜間中学で30年間教鞭をとり、山田洋次監督によって映画化された『学校』の原作者でもあります(『青春―夜間中学界隈』)。

日時:12月17日(土) 14:00~
定員:20名(要申込み)
参加費:1000円(飲み物付き)
主催・申し込み:スペースナナ TEL 045-482-6717 Email: info@spacenana.com
-----
『We』148号『We』148号特集:今いるところでどれだけ自分を生きられるか
【インタビュー】松崎運之助さん
路地裏の豊かさ (18ページ)

(在庫あり、1冊800円+送料)在庫僅少

テーマ:イベントニュース - ジャンル:ニュース

2011/12/18 16:57 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ベン・シャーンのちいさな作品展 Holiday Wishes: Ben Shahn’s Greeting Cards(12/7~19、東京・早稲田) | ホーム | 震災などで困っている女性、シングルマザーのための安心年越しホットライン(12/17、18:フリーダイヤル)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/381-2681a0fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。