どう守る? こどもの健康 原発事故後の子育て(1/29、東京・練馬)
東京・練馬の『We』読者さんが関わる「練馬こどもを守ろう会」の講演会です。できるだけたくさんの地元の人たちに来てもらいたい、とのことです。会場の最寄り駅となる西武池袋線の「大泉学園駅」は、池袋から15分くらいです。
-----
どう守る? こどもの健康 原発事故後の子育て

─小児科医・黒部信一さんに聞く─


3・11以降、子育ての心配事リストに加わってしまった放射能汚染。
幼いほど放射線の影響を受けやすいといわれるなか、この東京で、こどもたちをどう守り、なにに気をつけて生活すればいいのでしょうか。

チェルノブイリ原発事故被災地のこどもたちの支援にかかわってきた小児科医の黒部信一さんに、被曝とこどもの健康についてお話を伺い、こどもたちのために、いま大人にできることを考えます。

日時:2012年1月29日(日)14:00~16:30(開場13:30)
場所:練馬区立勤労福祉会館 1階集会室
  (西武池袋線「大泉学園」駅南口より徒歩5分。
   練馬区東大泉5-40-36 tel03-3923-5511)
参加費 500円(資料代として)※未就学児は無料
参加ご希望のかたは下記のフォームよりお申し込みください
https://ssl.form-mailer.jp/fms/b7534936177758

保育はありませんが、お子様連れでも大丈夫です。ベビーカーのままどうぞ。
これから妊娠・出産を希望されている方や祖父母世代の方、学校や園の先生…こどもたちの健やかな成長を願う皆様のご参加をお待ちしております。
準備の都合がありますので、参加ご希望の場合はなるべくご予約をお願いします。混雑した場合はご予約の方優先となりますのでご了承ください。
チラシ:
どう守る? こどもの健康 原発事故後の子育て(1/29、東京・練馬)
(チラシpdfのダウンロードはこちら

テーマ:イベントニュース - ジャンル:ニュース

2011/12/26 17:47 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<年末年始の休業のお知らせ(12/28~1/4) | ホーム | DV防止シンポジウム「社会の中の身近な暴力~大切な人を傷つけない社会を目指して~」(1/28、神奈川・江ノ島)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/387-31b9c2b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |