滋賀県内避難者の会 主催 第1回講演会「つるりん和尚のお話を聞く会 福島の現状と今後を語る」(4/21、滋賀・東近江)
滋賀の『We』読者の方からのご案内です。滋賀県内避難者の会主催で、福島から発信し続けている阿部光裕さんに「福島の現状と今後を語る」のテーマでお話をうかがう講演会です。
-----
滋賀県内避難者の会主催 第1回講演会
つるりん和尚のお話を聞く会

福島の現状と今後を語る


日時:2012年4月21日(土曜日) 午後2時~5時
場所:東近江市 地福寺(東近江市佐野町894)
JR能登川駅徒歩10分(※京都~能登川は、新快速で約40分)

福島から生きるパワーを発信し続けている「つるりん和尚」こと阿部光裕さんをお招きし、「福島の現状と今後を語る」のテーマでお話いただきます。

つるりん和尚は福島市山口の曹洞宗のお寺のご住職。寺の敷地を放射能で汚染された草や土などの置き場として無償で提供されています。ボランティアとして除染活動に携わる傍ら、福島市や福島県に様々な意見や要望を提出し、現地のオピニオンリーダーとして活躍されています。

以前お電話で、滋賀県に避難している人々の中に、避難したことを後ろめたく思っている方がいらっしゃいます、とお話したところ、「それは全く違う。自主避難をすることは当然の権利。何もそれを恥じることはない。」とおっしゃいました。

今回つるりん和尚は滋賀県にいる私たちとぜひ話がしたいと、快く講演会を引き受けてくださいました。

つるりん和尚のことは、今週月曜(4月16日)のNHKあさイチの中でも紹介されました
http://www.nhk.or.jp/asaichi/2012/04/16/01.html

またブログ「つるりん和尚のああいえばこうゆう録」をぜひご覧ください。
http://blogs.yahoo.co.jp/oharuzizo
福島の大変複雑な現実が見えてきます。

参加費:無料
定員:60名
講演会の後、つるりん和尚を囲んで茶話会があります。皆さん、お知り合いの方を誘ってどうぞ参加して下さい。

申込方法(要予約
「滋賀県内避難者の会」までメールでお申し込み下さい。
studycp(at)willcom.com
※避難者の方は
 参加者の氏名、年齢 電話番号 避難元、避難先 例)郡山市→草津市
※一般の方は
 参加者の氏名、年齢 電話番号

主催:滋賀県内避難者の会
---
We177号『くらしと教育をつなぐWe』177号
「ゆるやかにつながって放射能から子どもたちを守る」活動を続ける子ども福島の吉野裕之さんのロングインタビュー(16ページ)。ぜひお読みください。

【インタビュー】吉野裕之さん(子ども福島)
みみをすます─ゆるやかにつながって放射能から子どもたちを守る

http://femixwe.cart.fc2.com/ca19/74/p-r3-s/

1冊800円(送料80円)

テーマ:イベントニュース - ジャンル:ニュース

2012/04/18 08:44 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<映画「"私"を生きる」上映情報 | ホーム | スペースナナお話会「原発のない未来を考える」(4/21、横浜・あざみ野)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/419-13ed7807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |