スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top
「被災地で深刻化する高齢者の認知症─今だから寄り添って癒しと笑いで生きる力を取り戻そう!」Weフォーラム2012 in 福島:分科会(8/5)
Weフォーラム2012 in 福島は終了しました

参加してくださったみなさま、どうもありがとうございました。
参加されてのご感想、フォーラム運営に対するご意見などございましたら、ぜひお聞かせください。→こちらから

2012年8月8日
Weフォーラム実行委員会・Weの会・フェミックス
-----

8/5、分科会はまだ席に余裕があります 当日のご参加も歓迎です!

【Weフォーラム2012 in 福島】
全体テーマ:来て、感じて、伝えてほしい…放射能汚染の中で生きのびるために 

Weフォーラム2日目(8/5)の分科会の紹介です

<参加申込み・問合せ>
実行委員会事務局(フェミックス内) 
we2012(at)femix.co.jp 
tel 045-482-6711 fax 045-482-6712

85日(日)午前 9:30~12:00 
<参加費>1,000円(福島の方、学生 500円)

分科会4 被災地で深刻化する高齢者の認知症
       ─今だから寄り添って癒しと笑いで生きる力を取り戻そう!


 講師:高林実結樹さん(NPO法人認知症予防ネット
NPO法人認知症予防ネット認知症予防の第一は楽しいことです。認知症を発症した人は“楽しい”思いから遠ざかり、笑いを忘れたつらい毎日を送っておられます。

その人達がトキメクような“楽しい”時間を取りもどし、"優しさのシャワー”の中で「自分は見捨てられていない」と感じられるとき、認知症からの引き戻しが可能になります。

「認知症予防・ケアゲーム」のルールは簡単で、何より楽しく、自然に笑いが溢れます。手指や体を使って脳の種々の分野を同時に使うので脳が活性化し、やる気が出て希望が生まれます。ひととき笑って一歩、また一歩進みましょう。

<会場>  福島県男女共生センター「女と男の未来館」
 ※所在地とアクセス
 JR東北本線「二本松」駅より徒歩12分/東北自動車道二本松ICより車で5分
 〒964-0904 福島県二本松市郭内1-196-1 
 TEL 0243-23-8301 FAX 0243-23-8312

Weフォーラムは、8/4(土)、8/5(日)の2日間にわたって開催します。Weフォーラムの概要は、こちらをご覧ください。
http://femixwe.blog10.fc2.com/blog-entry-423.html

<主催> Weフォーラム2012実行委員会・Weの会・フェミックス
<後援> 社会福祉法人福島県社会福祉協議会福島県男女共生センター「女と男の未来館」二本松市教育委員会

・・・・・・・・・・ 『くらしと教育をつなぐWe』のご紹介 ・・・・・・・・・・

『We』は、一人ひとりが大切にされる社会の実現をめざし、知恵や情報の交換、ネットワークづくりができる《場》として、毎号さまざまなテーマをとりあげています。 1冊800円、定期購読(年6冊、送料込)5,000円

We178号:「当たり前」を問い直す特集:「当たり前」を問い直す

http://femixwe.cart.fc2.com/ca19/76/p-r19-s/

テーマ:イベントニュース - ジャンル:ニュース

2012/08/08 12:08 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「放射線について、 子どもたちに、何をどう伝えたらいいの?~放射線の授業をつくる」Weフォーラム2012 in 福島:分科会(8/5) | ホーム | 「若者の視点でみた「ふくしま」」Weフォーラム2012 in 福島:分科会(8/5)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/443-78f60c3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。