スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top
竹信三恵子さんトーク「しあわせに働ける社会へ」(10/8、横浜・あざみ野)
2012/10/4追記
【定員になったので締め切りました】とのことです


スペースナナ
フェミックス
事務所のある横浜のスペースナナで、竹信三恵子さんのトークを開催することになりました。※スペースの都合上、参加ご希望の方はおはやめにお申し込みください。転送転載も歓迎です。若い方にもぜひお声掛けください。
---
しあわせに働ける社会へ (岩波ジュニア新書)しあわせに働ける社会へ

就職活動の過酷さが論議を呼ぶなかで、大学は「企業に気に入られる人材づくり」に奔走しています。しかし、使い捨てが横行する職場に入っていく若者たちは、それだけで職業生活を乗り切ることができるのでしょうか?

これから働く若者に必要なのは、働き手の権利についての知識を身につけ、働き方の何が問題なのかを見据え、これに対抗していく力をつける力をつけることではないでしょうか。

前著『ルポ 賃金差別』(ちくま新書)で、同一労働同一賃金を支える仕組みが不十分な日本で企業が「非正社員」という伸縮自在に人件費の節減ができる「打ち出の小槌」を手に入れてしまっていることからくるひずみを鋭く分析した竹信三恵子さんが、就職難が「雇われる力」の不足ではなく、労働市場の歪みから生じていることを強調したいと、このほど、若い世代とその親たちに向けて『しあわせに働ける社会へ』(岩波ジュニア新書)を書き下ろしました。

竹信さんを囲み、「しあわせに働ける社会」の実現にむけて何をしたらいいのか、何ができるのか、知恵を寄せ合い、話しあいませんか?

日時:2012年108日(月/祝)午後2時~4時
場所:スペースナナ(あざみ野駅から徒歩6分) アクセス地図  TEL:045-482-6717 
参加費:1,000円(学生:500円)
申し込み:event(at)spacenana.com
講師:竹信三恵子さん(ジャーナリスト・和光大学教授・もと朝日新聞記者、09年に「貧困ジャーナリズム賞」受賞・著書多数)

竹信さんの最新刊 ↓いずれもスペースナナで販売しています
『しあわせに働ける社会へ』(岩波ジュニア新書)
『ルポ 賃金差別』(ちくま新書)
We178号:「当たり前」を問い直す竹信三恵子さんのインタビューを、『くらしと教育をつなぐWe』178号(特集:「当たり前」を問い直す)にて掲載しています。

竹信三恵子さんインタビュー
賃金差別─「当たり前」がつくる錯覚
http://femixwe.cart.fc2.com/ca19/76/p-r3-s/

差別とは、個人や集団について架空につくられた特性に基づき、その個人や集団の潜在能力の発揮を抑え込むこと──つまりは、偏見が利用されている。「当たり前」ゆえに差別にひきずりこまれてしまう現状の分析とともに、労働環境の劣化と貧困の深刻化を食い止めるために「できること」の提案をうかがいました。

こちらもぜひお読みください。1冊800円(送料80円)、トーク会場のスペースナナでも販売しています

テーマ:イベントニュース - ジャンル:ニュース

2012/10/04 18:15 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<チャイルドライン主催 上映会「隣る人」~いつも子どもの隣に~(10/8、東大阪) | ホーム | 女性とオルタナティブメディアの可能性 ~私たちのほしい情報はどこに?~(9/29、東京・猿楽町)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/460-828ae7ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。