チャイルドライン主催 上映会「隣る人」~いつも子どもの隣に~(10/8、東大阪)
We178号:「当たり前」を問い直す『We』読者さんからのご案内です。ドキュメンタリー映画「隣る人」の自主上映会が、東大阪であります。近鉄の駅前すぐのホールです。
『We』178号では、監督の刀川和也さんのお話をうかがっています。あわせてぜひお読みください! 
-----
チャイルドライン主催 上映会「隣る人」

~いつも子どもの隣に~


日時:2012年108日(月・祝)1回め:10時~ 2回目:14時~(2回上映)
     (各回30分前からご入場いただけます)
場所:イコーラム(東大阪市立男女共同参画センター)ホール
    近鉄奈良線「若江岩田」駅下車すぐ 希来里(きらり)ビル6階 アクセス
入場料:前売り 700円 当日 1,000円
お問い合わせ・オンラインチケットのお求め
(社)子ども情報研究センター 06-4708-7087 http://www.kojoken.jp/tonal.html
主催:チャイルドラインひがしおおさか(社)子ども情報研究センター
ストーリー
一緒にごはんを食べ、お手伝いをして、遊んで、絵本を読んでもらう
時には怒って凹んで泣いたって、同じ布団で寝れば同じ朝がくる
壊れた絆を取り戻そうと懸命に生きる人々の、平凡だけど大切な日々の暮らし


地方のとある児童養護施設。ここでは様々な事情で親と一緒に暮らせない子どもたちが「親代わり」の保育士と生活を共にしている。マリコさんが担当しているのは、生意気ざかりのムツミと甘えん坊のマリナ。本来、親から無条件に与えられるはずの愛情だが、2人にとっては競って獲得しなければならない大事な栄養素。マリコさんを取り合ってケンカすることもしばしばだ。
そんなある日、離れて暮らしていたムツミの母親が、ふたたび子どもと一緒に暮らしたいという思いを抱えて施設にやってくる。壊れた絆を取り戻そうと懸命に生きる人々の、平凡だけど大切な日々の暮らしは今日も続く。
 (公式サイトより引用)

予告編


-----
刀川監督のロングインタビュー

『We』178号(特集:「当たり前」を問い直す)
We178号:「当たり前」を問い直す
【インタビュー】刀川和也さん(映画監督)
人との関係の中で、人は生きていける──ドキュメンタリー映画「隣る人」

http://femixwe.cart.fc2.com/ca19/76/p-r19-s/

1冊800円+送料80円

テーマ:イベントニュース - ジャンル:ニュース

2012/10/04 18:15 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<"Beyond Fukushima ─ 福島の彼方に"(10/2~10/28、リバティおおさか=大阪・芦原橋) | ホーム | 竹信三恵子さんトーク「しあわせに働ける社会へ」(10/8、横浜・あざみ野)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/461-60c51b17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |