未来の子どもたちに何残そう?「田んぼのパートナー制度」報告上映会(1/12、兵庫・三宮)
We178号:「当たり前」を問い直す『We』178号で、「米の放射能汚染ゼロへの挑戦─安全でおいしい米づくり」のお話を掲載した、天栄米栽培研究会・事務局長の吉成さんが、兵庫の三宮で「田んぼのパートナー制度」報告上映会にいらっしゃいます。
米の汚染ゼロをめざし「できることは何でもやろう!」と取り組んでこられた実践を、この機会にぜひお聞きください。
-----

未来の子どもたちに何残そう?

「田んぼのパートナー制度」報告上映会


震災前から続く、米食味分析鑑定コンクール国際大会5年連続金賞受賞。震災後、「天栄」の農作物のブランドを守るため、福島県天栄村は「試せることは全てやる」を合言葉に、放射性物質の作物への移行を抑制する栽培研究に取り組んできました。

日時 2013年112日(土)14時~16時
場所 三宮研修センター(各線「三宮」駅から徒歩5分、神戸市役所東正面)アクセス
入場料 500円(お土産付き)

講演者プロフィール
吉成邦市(福島県岩瀬郡天栄村)/
天栄村産業振興課長。平成19年に天栄村特産である米の普及のため、「天栄米」を企画。村独自で「米食味コンクール」を開催し、生産者の意識にも変革をもたらす。また、天栄米栽培研究会を設立し、栽培技術向上に尽力している。

主催 田んぼのパートナー制度事務局
共催 福島県天栄村役場産業振興課、天栄村観光協会、天栄米栽培研究会、天栄村ふるさと子ども夢学校推進協議会
協賛 株式会社桜映画社
後援 神戸新聞 サンテレビジョン ラジオ関西

問合せ・申込先
田んぼのパートナー制度事務局 担当:義元
 TEL:0248-82-2117 FAX:0248-82-2718

↓ 画像をクリックして、チラシもご覧ください
未来の子どもたちに何残そう?「田んぼのパートナー制度」報告上映会
・・・・・・・・・・ 『くらしと教育をつなぐWe』のご紹介 ・・・・・・・・・・

『We』は、一人ひとりが大切にされる社会の実現をめざし、知恵や情報の交換、ネットワークづくりができる《場》として、毎号さまざまなテーマをとりあげています。 1冊800円、定期購読(年6冊、送料込)5,000円

We178号:「当たり前」を問い直す178号 特集:「当たり前」を問い直す
【お話】吉成邦市さん(天栄米研究会)
米の放射能汚染ゼロへの挑戦─安全でおいしい米づくり

http://femixwe.cart.fc2.com/ca19/76/p-r19-s/

テーマ:イベントニュース - ジャンル:ニュース

2013/01/07 10:37 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<新春 紙芝居ライブ 2013(1/14、大阪・天六) | ホーム | 斉藤道雄 写真展「目のことば 手話を生きる子どもたち」(1/9~20、横浜・あざみ野)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/483-8cd423ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |