スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top
血液検査で子どもの障害がわかるって それって、いいこと?わるいこと?(4/29、大阪・四天王寺前夕陽丘)
amazonでのお買い物で『We』発行を応援してください!
amazonへリンク
『We』読者さんも加わっている「ハイリスク」な女の声をとどける会より、大阪での講座の案内をいただきました。昨年12月の新型出生前診断をテーマにした集会に続く内容です。
-----
血液検査で子どもの障害がわかるって それって、いいこと?わるいこと?

新型出生前検査について考える

 「ハイリスク」な女の声をとどけたい


2013年429日(月祝)1時半~4時半
会場 クレオ大阪中央 研修室1(最寄り駅 四天王寺前夕陽丘)アクセス
講師 二階堂祐子さん、渡部麻衣子さん(「ハイリスク」な女の声をとどける会
資料代 500円
主催 生殖医療と差別-紙芝居プロジェクト
協賛 京都ダウン症児を育てる親の会(トライアングル)

今春、妊婦の血液検査で赤ちゃんの障害の有無を調べる新しい出生前診断が、全国で開始されようとしています。当面、「ハイリスク妊婦」を対象に行われ、これらの検査は、彼女たちの要望に応えるものであり、「安心」をもたらすものだとされています。

しかし、本当にそうでしょうか? 様々な不安を抱えている妊婦に、さらなる過重な不安を強いるだけなのではないでしょうか。すべての子どもを産み育てるための社会的支援が不十分な中で、「赤ちゃんに障害があったらどうしよう」と"恐怖"ばかりをふくらませることにはならないでしょうか。

今回は、「ハイリスク」と名指しされた女性たちの立場から出生前診断の問題を考え、自分達が真に必要としているものは何かを発信している"「ハイリスク」な女の声をとどける会"の皆さんに話を伺います。
・・・・・
昨年12月の東京での集会の報告を、『We』182号に掲載しています

We182号(特集:地域でゆるやかに支えあう)『We』182号 特集:地域でゆるやかに支えあう
報告 血液検査で胎児の「障害」が分かる?(重原奈緖)

http://femixwe.cart.fc2.com/ca19/80/p-r19-s/
(1冊800円、送料80円)

※"「ハイリスク」な女の声をとどける会"のブログでも、報告が掲載されています
http://hrwomen2012.blogspot.jp/2013/02/blog-post.html

テーマ:イベントニュース - ジャンル:ニュース

2013/04/26 09:14 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<『We』誌の新しい連載 ~「気持ち悪い」男、一人ひとりのLGBT、他~ | ホーム | 講座やイベント情報 (西日本)~4/23のメルマガより>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/508-2805cf56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。