「強制不妊手術を問い直す―佐々木千津子さんの思いを引き継いで」(11/30、大阪・なんば)
『We』読者さんからご案内をいただきました。
お近くの方は、ぜひ、ご参加ください。
-----
強制不妊手術を問い直す

―佐々木千津子さんの思いを引き継いで

脳性マヒの障害をもつ佐々木千津子さんは、20歳の時、何も知らされないまま、放射線照射による不妊手術を受けさせられた。障害や病気を理由に不妊手術を受けさせられた人は、統計上わかっているだけでも約16500人。実際の被害者は、はるかに多い。

千津子さんは、愛猫メイとともに自立生活をおくりながら、「忘れてほしゅうない!国に謝ってほしい」と訴え続けておられました。

その千津子さんが、今夏、突然帰らぬ人になってしまわれました。
DVD「忘れてほしゅうない―隠されてきた強制不妊手術」とドキュメンタリー映画「ここにおるんじゃけえ」を見ながら、自由奔放だった在りし日の千津子さんを偲び、彼女の訴えを、今一度心に刻みたいと思います。ぜひ、ご参加ください。

とき:2013年1130日(土) 午後2時~6時
会場:まちライブラリー@大阪府立大学
(大阪市浪速区敷津東2-1-41南海なんば第1ビル I-siteなんば3F 地下鉄御堂筋線「大国町駅」より東へ徒歩7分、南海電鉄「今宮戎駅」より北へ徒歩6分)
http://opu.is-library.jp/
参加費 500円

プログラム
第1部 (午後2時~3時45分)
1. はじめに
2. DVD「忘れてほしゅうない―隠されてきた強制不妊手術」上映
3. 強制不妊手術の実態とその問題点
4. 佐々木さんの思いを引き継いで
   〈休憩〉
第2部 (午後4時~6時)
5. ドキュメンタリー映画「ここにおるんじゃけえ」上映
6. フリートーク

主催/連絡先
生殖医療と差別・紙芝居プロジェクト
〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-15-2-110「女性のための街かど相談室ここ・からサロン」気付
Tel/Fax:06-6646-3883 E-mail:kamisibai.cat@orange.zero.jp
映像発信てれれ
〒556-0004 大阪市浪速区日本橋西1-4-11カタオビル3F
Tel/Fax:06-6644-3701 E-mail:eizoinfo@terere.jp

できれば、差別、優生思想、障害問題に関連する本を、各自一冊お持ちください。まちライブラリーは参加者が持ち寄る本で育つライブラリーです。
-----
関連情報


ここにおるんじゃけぇ(2分33秒)

ほっとしてほっ―ある脳性まひ者のエッセイから―(NHKハートネットTV)

ここにおるんじゃけえ。映像作家・下之坊修子さんインタビュー1
ここにおるんじゃけえ。映像作家・下之坊修子さんインタビュー2

訃報 佐々木千津子さん(小沢映子 わたしが伝えていきたいこと)

テーマ:イベントニュース - ジャンル:ニュース

2013/11/19 11:46 | イベント情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ヒミツの怖さ 大公開! ~特定秘密保護法案反対・京都集会~(12/1、京都・京大) | ホーム | 米国におけるダウン症候群をとりまく最新の動向~ブライアン・スコトコ医師講演会(11/24、東京・聖路加看護大)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/558-87fbedfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |