スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top
雑誌『ともにまなぶ ともにいきる』 第1号(2013冬)のご紹介
『We』読者でもある、まっすぐプランニングの合田享史さんが、個人で雑誌『ともにまなぶ ともにいきる』を創刊されました。これから夏と冬の年2回出される予定だそうです。

雑誌『ともにまなぶ ともにいきる』

[おおさか発]障害のある子もない子も「ともに学ぶ」教育のいま

合田さんからのメッセージ:多くの人に読んでいただき、大阪が育んできた「ともに学び、ともに生きる」文化の豊かさを感じていただきたいと思っています。

充実した誌面です。
ぜひ手にとってお読みください!

雑誌『ともにまなぶ ともにいきる』 第1号(2013冬)

合田さんのブログに詳しく書かれていますが、第1号の内容は以下のとおりです。
≪第1号(2013冬)の内容≫
●【特集】学校を出てからも、地域でともに生きたい。
“重度”の障害をもちながら地域の学校で学んできた若者たちの高校卒業後の人生を追い、学校を出てからも地域でともに生きる生き方の可能性を探る。
・介護サービスの会社で清掃・営繕スタッフとして働く
・普通に“就活”して、地域の日本料理店に就職
・聴講生として大学に通い、学生たちと学び合う
・ドラマー&リーダーとして、仲間とともにバンド活動

●シリーズ 「ともに学ぶ」ことから生まれるもの 
第1回 できへんかっても、ええやん。できへんなかでも、その子やん。
障害のある子もない子もいっしょに学ぶ原学級保障の教室から生まれてきた豊かな価値とは?
・小学校の子どもたちがかわいかったから、変わったんちゃうかな、私。(保護者)
・人どうしがぶつかり合って、初めてわかることがあるんとちがうかなぁ。(小学校教師)
・つーさんがいたからこそ、やさしくて“ほんわか”したクラスになった。(中学校教師)

●障害のある生徒のはいすくーるらいふ
 『北摂「障害」のある子どもの高校進学を考える学習会』の報告から
●あの子がいたからいまがある─障害のない子どもにとっての「ともに学ぶ」教育
●「分けない」というこだわり─豊中の教育はこうしてつくられてきた
●ほんのガイド 枚方の「みんながいきいきできる授業」の実践を学べる本


B5判・50ページで、1冊500円+送料100円です
購入ご希望の方は、合田さんまで
◎連絡先:まっすぐプランニング 合田享史 massugu.way@gmail.com(※@を半角に変えてください。)
詳しくは合田さんのこちらのブログ記事をごらんください。
http://massugu.way-nifty.com/tomonimanabu/2013/12/post-90fd.html

テーマ:お知らせ - ジャンル:ニュース

2014/02/28 16:44 | 読者の部屋 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<知って、感じて、私が変わる~ハラスメント&コミュニケーション講座(4/12、東京・渋谷) | ホーム | 『We』読書会(2/22、横浜・あざみ野)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/565-00b19cb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。