スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top
『We』189号(特集:大事なものは目には見えない)ができました
『We』189号(特集:大事なものは目には見えない)
4月発行の、リニューアルした『We』189号が
できました。

特集タイトルは「大事なものは目には見えない」

目にはなかなか見えないもの、届かない声(ことば)に、いつも思いをめぐらせ、耳をすませていたい、という思いでつけました。特集は2本。広島の商店街で清掃員をしながら、清掃用具や原爆ドームなどを描き続けてきた被爆2世の画家・ガタロさんと、行き場をなくした10代後半の子どもたちのために、最後まで見はなさない支援を続ける子どものシェルター「てんぽ」のお話です。

表紙も中味もリニューアルし、新連載が8本!
お気に入りの連載と出会ってくださるとうれしいです。

『We』の表紙を8年間パワフルに彩ってくれたニキ・ド・サンファルの絵にかわり、今号から障害のある人たちの発表の場を増やしたいとスペースナナで毎年開催している「ココロはずむアート展」の出品作品が表紙を飾ります。こちらもパワフルに、毎号作品が変わりますのでどうぞお楽しみに。
ぜひ、手にとってお読みください!


特集:大事なものは目には見えない

ヒロシマ 美しき清掃の具
──清掃員画家・ガタロさんに聴く

斉藤 道雄

【お話】東 玲子さん
居場所を失った子どもたちを守る 
──子どものシェルター「てんぽ」の試み


■連載
・オホーツクの潮風荒く(江口凡太郎)
・「公立中学校」でしなやかに生きること:(12)「成績開示」(石川晋)
・「ひまわり」の日々:(69)檄(入江一恵)
・お勧め映画情報:(菅井ゆきえ)
・病は道連れ:(3)葵の印籠(木村栄)
・遊びをせんとや生まれけむ:(22) まちじゅう図書館(西川正)
・ジソウのお仕事:(31)福祉フクシした・・・(青山さくら)
・リレーエッセイ「女子の暮らしの研究所」くるくる交換日記(4)(勝亦まな)
・取り乱し アフター風俗の日々:(34)女としては下の下(鈴木水南子)

●新連載 
・わたしが議員になったワケ(1)──人と人との関係を調整する仕事(かとうぎ桜子)
・私が記者をやめた理由~身の丈のマスメディア論(1)震災の混乱の中で(竹信 三恵子)
・お金リテラシー入門~お金にふりまわされないものの見方・考え方(1)マネーが動かす原発マフィア(白崎一裕)
・「記憶」のなかの戦後史(1)序章・戦火の子(上)(向井 承子)
・ “人たち”のいる場所で (1)(杉田 真衣)
・ミステリー案内~ひと持ち、本持ち、こころ持ち(1)『アンダルシアの友』 (稲塚由美子)
・リレーエッセイ マザーズジャケットの魔法(1)(吉田朋子)
・oh! my 更年期 わたしがわたしでなくなっていく(1)できない(廣中タエ)

ご注文はこちら
(1冊800円+税・送料82円)

定期購読のお申し込みも受付中!

http://femixwe.cart.fc2.com/?ca=15
(2014年度より、税・送料込み 年6冊 5,400円)

※『We』を毎号置いてくださっているお店
 http://femixwe.blog10.fc2.com/blog-entry-260.html

※書店からは「地方小出版流通センター取扱」でご注文ください
2014/04/01 10:40 | 『We』 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。