スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top
【フェミックスの新刊】フェミックス新刊 木村榮著 『病は道連れ』
【フェミックス新刊】2014年11月20日発行

木村榮著

病は道連れ

四六判並製 / 208ページ / 1,200円+税(送料別)
ご注文はこちらhttp://femixwe.cart.fc2.com/ca9/93/p-r9-s/

病は道連れ_表紙がんと共に生きる日々から見つけた“希望”

家庭に閉じ込められ子育ての責任を一身に担わされた専業主婦の孤独と閉塞感を描いて多くの女性の共感を呼んだデビュー作『母性をひらく』から34年。

木村榮さんががんと共に生きる日々の中で身を削るようにして書き遺したのは、生き難さを抱え<病>に翻弄されることの多かった自らの人生にいったいどんなの意味があったのだろうか、自分は最後にそれをどうやって受け入れ、肯定していけるのだろうか、という問いをめぐっての物語でした。

パンドラの箱を開けた底に残る<希望>のように、読み終わった後に澄み切った明るさが広がります。

tabinamichifure_mokuji.gif
※クリックすると目次がご覧になれます。

目次
プロローグ…不精花
1章 無心の春 
2章 病の朱夏     
3章 白い秋  
4章 玄冬
エピローグ…私の桜


【プロフィール】  
木村 榮(きむら さかえ)
1940年東京生まれ。1962年お茶の水女子大学文教育学部国文科卒業後、日本テレビ放送網株式会社に入社。仕事と育児の板挟みで体調を崩し72年に退職。専業主婦として子育ての閉塞感に苦しむなかで、『母性をひらく 子とともに歩む自立への道』を上梓。家庭に閉じ込められ子育ての責任を一身に担わされた母親の孤独と閉塞状況を描いた同書は多くの女性の共感を呼んだ。その後もフリーライターとして〈女の自立〉の問題を模索し続け、女の友情を描いた『女友だち』を2012年に上梓。 2009年から5年にわたる肺がんの闘病生活の後、2014年5月に逝去。
【著書】『母性をひらく』『父親の自立と子育て』(ともに汐文社)、『迷いつつ、母』(大月書店)、『30年目の同窓会』(筑摩書房)、『どこでどう老いるか』(講談社)、『女が年齢を愉しむとき』(はるか書房)、『女友だち』(フェミックス)他
【共著】『壁の中の主婦たち』(汐文社)、『日本男性論』(三省堂)、『母子癒着』『ビデオで女性学』(有斐閣)他

※お求めは、フェミックスへ
http://femixwe.cart.fc2.com/ca9/93/p-r9-s/
tel 045-482-6711 fax 045-482-6712


2年前に上梓された女たちの友情、シスターフッドの物語『女友だち』とあわせてお読みください。
----------------
木村榮著

『女友だち』


女同士の支えあいに希望を託す「女友だち」の物語

「ちょっと手を伸ばせば届く"友だちのいる人生"を手に入れて、女たちに元気に生きてほしい」という木村さんの思い、ユーモラスに描かれる友だち関係のエピソード、《女の友情》の視点から読み解く映画や本の一コマ…それらが織りなされた、味わい深いエッセイです。


お求めはフェミックスへ http://femixwe.cart.fc2.com/ca9/75/p-r9-s/
四六判 / 192ページ / 1,500円+税(送料別)
2014/11/27 06:28 | フェミックスの本 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。