スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top
【Weフォーラム2015】へのお誘い(8/8-8/10、水俣)
Weフォーラム2015 in 水俣

水俣から福島へ“希望”をつなぐ


お知らせ
✳︎8/8の海のフィールドワークは定員に達したのでキャンセル待ちとなります。(2015.6.14)

チラシ表面(pdf)、参加申し込み書(pdf)
募集 申込書


東日本大震災と福島第一原発の事故から4年の月日が流れました。
震災後、福島の人たちの置かれた状況に思いをはせ、微力でも何かできることはないかと、
2012年と2014年に福島県でWeフォーラムを開催しました。

今年、水俣での開催を決めたのは、
福島と水俣の若い世代の出会いがきっかけになっています。
分断されたつながりを回復しようと<もやい直し>を試みる水俣の人たちとともに、
水俣と福島の〈いま〉と〈これから〉の暮らしを知り、語り合う機会にしたいと考えています。

不知火海沿岸に位置する水俣は、海の幸・山の幸に恵まれたところです。
今回は、山から海まで、水俣をフィールドワークでゆっくりじっくり学びます。
ご都合のつく方はぜひ3日間を通してご参加下さい(もちろん部分参加も可能です)。


日時: 2015年88日(土)~10日(月)
会場: 8月9日(日)水俣市総合もやい直しセンター「もやい館」
 ※〒867-0005 熊本県水俣市牧ノ内3-1 TEL:0966-62-3120アクセス


参加費:
8月8日(土)海のフィールドワーク  4,000円(新水俣駅12:30集合)
8月9日(日)全体会・分科会 各1,000円
*高校生まで無料、水俣と福島の方、学生、経済的事情のある方は500円
8月9日(日)交流会(夕食) 3,000円(飲み物は別)
*分科会終了後、2Fの喫茶「花」で交流会をします。
8月10日(月)山のフィールドワーク 4,000円(新水俣駅 14:00解散)


参加申込み方法:
6月1日(月)~7月15日(水)までに別紙申込書(PDFファイル)、にご記入の上、FAX、郵送にて、実行委員会事務局宛お申込みください。電話・メールでも受け付けます。

*申込み後、参加費・宿泊費等を7月15日(水)までに郵便振替口座(00100-2-163480 Weの会)にお振込み下さい。

*海のフィールドワークと8/8宿泊は(40名)、8/9の宿泊と山のフィールドワークは(30名)、いずれも先着順となります。
*提供された個人情報は、今回の事業実施のみに利用し、その他の目的で利用することはありません。

問合せ・申込み: Weフォーラム実行委員会事務局(フェミックス内)
TEL 045-482-6711
FAX 045-482-6712
メール we2014@femix.co.jp

主催:Weフォーラム実行委員会
Weフォーラムは、『くらしと教育をつなぐWe』(発行:フェミックス)の読者によってつくられた「Weの会」と開催地の実行委員会によって、毎年開催しています。今年は水俣の「相思社」、福島の「女子の暮らしの研究所」と共に開催します。


Weフォーラム2015 in 水俣へのお誘い:Weフォーラム実行委員会
Weフォーラム2015in水俣へのお誘い
http://femixwe.blog10.fc2.com/blog-entry-597.html


□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

8月9日(日)10:00~13:30(開場・受付9:30〜) 

全体会
もやい直し
〜水俣と福島のこれからを語ろう


  
  
会場:もやい館 3F もやいホール 定員:150人 
参加費: 1,000円
(高校生まで無料。水俣と福島の方、学生、経済的事情のある方は500円)

第1部 10:00〜 杉本肇さんのお話
第2部 11:00〜 パネルディスカッション

ゲスト:
杉本肇さん(漁師・やうちブラザーズ、水俣病資料館語り部)
日塔マキさん(女子の暮らしの研究所代表)
水俣で活動する若者(交渉中)

(12:30〜 休憩・昼食)
13:00〜13:30 やうちブラザーズ パフォーマンス


杉本肇さんは、その症状のみならず地域社会からの過酷な差別と迫害に苦しむなかで水俣病を「のさり」(授かりもの)と受け止めた水俣病患者・故杉本栄子さんの長男。一度は離れた水俣に戻り家族でイリコ漁を営み、コミックバンド「やうちブラザーズ」の活動を通して人々に笑いと元気を届け、福島第一原発事故後は「もっと早く水俣で起きたことを発信し注目してもらえていれば、原発事故は起きなかったかもしれない」との思いで、水俣と福島をつなぐ活動に取り組まれています。

福島の「女子の暮らしの研究所」の日塔マキさんは、水俣を訪ね、福島がいま直面していることが、昔水俣が背負わされた状況と同様であることにはじめて気づきショックを受けます。しかしその一方で、水俣では「がんばってね」と言われるのではなく、「一緒にがんばろうね」と言ってもらえるのが嬉しく、また、苦しく悲しい思いをしたからこそ、それをプラスに転化しようとする試みが生まれていることに勇気づけられ、水俣に学びたい、と願っています。

水俣と福島、それぞれ理不尽な災禍に遭うなかで地域の再生を願い試行錯誤する人たちの思いと経験を語り合う中から、ゆるやかにつながり支えあっていくヒントを探していきたいと思います。 
    


ゲスト:
杉本肇杉本肇さん(漁師・やうちブラザーズ、水俣病資料館語り部)
1961年、水俣生まれ。水俣病患者・杉本雄さんと栄子さん(故)の長男。家族でイリコ漁を営む。2008年より水俣病資料館語り部として活動。14年前にコミックバンド「やうちブラザーズ」を結成。メンバーの3人は兄弟と親戚の関係(水俣では親戚のことを「やうち」と呼ぶ)。

日塔-小-のコピー日塔マキさん(女子の暮らしの研究所代表)
震災と原発事故を受け、「これからの暮らしの見直し」をテーマに2012年12月に女子の暮らしの研究所を結成。福島の女の子たちの声を様々なカタチで発信している。「Re:trip」(リトリップ)の企画の他、「ふくしまピースプロジェクト」「LABOLABOラジオ」の制作なども行う。

※女子の暮らしの研究所  http://www.girls-life-labo.com/


水俣で活動する若者(交渉中)


□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

8月9日(日)14:30~16:45 (開場・受付14:00〜) 

分科会1
谷由布ちゃんの水俣病講義
〜支援者第二世代が語る水俣病と水俣の今


谷由布話題提供:谷由布さん(「ほたるの家」スタッフ、介護へルパー) 

会場:「もやい館」会議室
定員:40人




水俣に移り住んだ支援者の子どもとして幼少の頃から患者に囲まれて育ち、大学時代にインドネシアにひかれて旅をし、民主化支援のNGOのメンバーとして活動後、2009年に帰郷。現在水俣病患者の集まる「ほたるの家」のスタッフ、在宅介護へルパーとして、水俣病患者の生活支援に携わり、水俣病被害者互助会の事務局もつとめる谷さんに、第二世代から見る水俣病患者の現状やこれからの課題について語っていただきます。


分科会2
「地元学」から考える〜水俣と福島をつなぐもの

天野話題提供:天野浩さん(天の製茶園、水俣市環境マイスター)

会場:「もやい館」(未定)
定員:40人


水俣の過酷な現実の中から、差別する世間を変えるのは難しいのでまず水俣から変わっていこうと、水のゆくえを調べ、地域にあるものを探し出して磨く作業を、風の人(地域の外の人)の力も借りて進めてきた「地元学」。その「地元学」を切り口に、水俣と福島のこれからを考え、話し合います。


分科会3
認知症予防ゲーム
「スリーA増田方式」ワークショップ 


タンポポ会場:もやい館」音楽室 
定員:40人

「あかるく、あたまをつかって、あきらめない」3つの「あ」で「スリーA増田方式」。高齢者が認知症にならないように、地域・家庭で穏やかに笑顔で生活できるようにとの願いで、津々浦々に広めたい認知症予防ゲームです。ワークショップの参加者からは、涙が出るほど大笑いをして、元気がわいたと言われます。ぜひ、このゲームに参加して、大笑いして、脳の活性化を実感してください。

*認知症予防ネットhttp://www.n-yobo.net/
 


□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

8/9(日)11:00〜18:30 
マルシェがオープン!


会場:もやい館 もやいホール前ひろば

水俣や福島でさまざまな活動をしている団体が一堂に集う、またとない機会です!

【農業×食】
・水俣の美味しい食材、お菓子、お土産などを販売予定

【美×ファッション】
・「女子の暮らしの研究所」ブース、女子のフリーマーケット、手作り・フェアトレード系の商品など

【ココロ×カラダ】
・マッサージなど
 

その他、Weや関連書籍・ブックレット等も展示・販売します。ぜひお立ち寄り下さい。
『くらしと教育をつなぐWe』は、誰もが安心して生きられる社会の実現をめざして、さまざまなテーマをとりあげ、最先端の情報とささやかであっても<希望>と<可能性>を感じさせる試みを紹介しつつ、ネットワークをひろげる雑誌です。「女子の暮らしの研究所 くるくる交換日記」も好評連載中です。


we◎定価:800円+税
◎年間購読料:5,400円(税・送料込み)
◎購読希望の方は編集部に直接お申込みください。
フェミックス
http://femix.co.jp
電話045-482-6711
FAX045-482-6712
メールjimu@femix.co.jp

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

8/9(日)17:30~19:30 
交流会(開場・受付17:30〜)


会場:もやい館2F 喫茶「花」
参加費: 3,000円(飲み物別)

□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

海と山から水俣をたどるフィールドワーク

海のフィールドワーク
8/8(土)
✳︎定員に達したのでキャンセル待ちとなります。(2015.6.14)

水俣湾不知火海沿岸に位置する水俣は、海の幸・山の幸に恵まれたところです。今回は、山から海まで、水俣をフィールドワークでゆっくりじっくり学びます。
海のフィールドワークは相思社の永野三智さんが、山のフィールドワークは天の製茶園の天野浩さんが案内してくださいます。

参加費:4,000円(バス代、案内費含む)
定員:40人(先着順) 



水俣イラスト-


【行程】
12:30 新水俣駅集合
13:00 出発 (車中での案内) 
13:30 チッソ周辺見学、汚染された魚や水銀が眠る水俣湾埋立地と
    そこに広がる野仏の数々を見学し、お話を聞きます。
15:00 水俣の最南端の漁村である美しい茂道、海中から湧き出る
    真水の姿を見学しお話を聞きます。
16:00 水俣病歴史考証館の見学とお話。
17:30 湯の児温泉/「昇陽館」(宿泊) 


永野三智さん海のフィールドワーク・コーディネーター:
永野三智さん(一般財団法人水俣病センター相思社 患者担当) 

水俣市生まれ。20歳のときに恩師・溝口秋生さんの訴訟を知る。その後、子どもを連れての放浪の旅の後、2007年に地元に戻る。2008年から水俣病センター相思社に入るとともに、溝口さんの生活支援をはじめる。現在、相思社で患者の相談業務や水俣の産物販売、水俣を訪れた人たちへのまち案内役を担当。(『We』192号にインタビューを掲載)
※相思社 http://www.soshisha.org/jp/ 




山のフィールドワーク
8/10(月)

天野-茶畑3DSC_0049-参加費:4,000円(交通費、案内費、お弁当・お茶代含む)
定員:30人(先着順) 


【行程】
9:00  スーパーホテル水俣 玄関集合
9:30  出発(大型タクシーに分乗予定)
10:00 水俣市山間地域を水の巡りを見ながらご案内します。
    訪問先…天の製茶園、村丸ごと生活博物館(越小場地域)、久木野地域(棚田が広がる地域です)  
12:00 昼食と交流  
13:30 天の製茶園出発 
14:00  新水俣駅解散 

天野山のフィールドワーク・コーディネーター:
天野浩さん(天の製茶園)

1975年、水俣市生まれ。天の製茶園・代表取締役。熊本県立農業大学校卒業後、実家の農業を継ぎ、無農薬茶(紅茶が6割、残りが緑茶、ウーロン茶・ほうじ茶も少量)の製造・加工・販売までを家族で行っている。「地元学」との出会いをきっかけに水俣を再発見し、次世代の仲間と連携しながら、水俣から新たな文化の発信を続けている。(『We』192号にインタビューを掲載)
 
2015/05/30 15:08 | イベント情報 | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。