【フェミックスの新刊】石川 晋著『学校でしなやかに生きるということ』
学校でしなやかに生きるということ【フェミックスの新刊】2016年4月25日発行
石川 晋著
学校でしなやかに生きるということ

四六判並製 / 208ページ / 1,500円+税(送料別)


ご注文はこちらから→http://femixwe.cart.fc2.com/ca1/102/p-r1-s/


教員にとって「学校でしなやかに生きるということ」こんなにも難しかった時代はあったのだろうか・・・。
「本来もっとも人間的でなければならない教育の世界までが、社会のさまざまな職域と同じようにブラックになってしまったいま、そのことを顔が見える形で語り、発信する。小さくても声を挙げつづけることで、人間同士の結びつきをつないでいくことができる、広げていくことができる。そういう草の根のような動きをつくりだしていかないといけない。しかもそれはできるだけユーモラスに楽しくできるのがいい」と語る著者。

NPO授業づくりネットワーク理事長で、研修会の講師として全国を飛び回り、学級経営や合唱指導などの著書が多数ありながら、しかし熱血教師にはなれない、ひとりの中学国語教師の等身大のつぶやき、学校で心が折れずに生き延びるための試行錯誤、教室の風景や生徒とのかかわりが淡々と綴られています。
教員が生徒とともに<しなやかに、したたかに>生き延びるためのヒントがここにあります。


mokuji_20160430152815c68.jpg
*クリックすると目次がご覧になれます。

【目次】
はじめに
1章 教室をめぐる21の風景 
2章 対談 江口凡太郎・石川晋 -- 十年後の子どもたちを想像しながら
3章 しなやかに、したたかに
おわりに
【著者紹介】
石川 晋(いしかわ・しん)
1967年、北海道旭川市生まれ。北海道教育大学大学院修士課程・国語科教育専修修了。1989年北海道中学校教員として採用。以降、オホーツク、旭川、十勝の中学校を歴任。現在、北海道上士幌町立上士幌中学校。学生時代より授業づくりネットワーク運動に参加し、2013年3月よりNPO授業づくりネットワーク理事長。2015年度は全国20ヵ所以上を回って研修会を実施。日本児童文学者協会会員、北海道子どもの本連絡会運営委員。趣味は野鳥観察と音楽鑑賞、合唱など。
現在、『くらしと教育をつなぐWe』(フェミックス)誌上で「公立学校でしなやかに生きるということ」を連載中。
『「対話」がクラスにあふれる! 国語授業・言語活動アイデア42』(明治図書、2012)、 『音楽が苦手な先生にもできる! 学級担任の合唱コンクール指導』(明治図書、2013)、『エピソードで語る教師力の極意』(明治図書、2013)、『「教室読み聞かせ」読書活動アイデア38』(明治図書、2013)、『新版 学級通信を出しつづけるための10のコツと50のネタ』(学事出版、2015)など著書、共著多数。

※お求めは、フェミックスへ(注文でフェミックスより直送いたします。)
http://femixwe.cart.fc2.com/ca1/102/p-r-s/
tel 045-482-6711
fax 045-482-6712

※書店からは「地方小出版流通センター取扱」でご注文ください
2016/04/30 15:23 | フェミックスの本 | page top
| ホーム |