スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- | スポンサー広告 | page top
赦(ゆる)す権利─被害者救済と修復的司法の可能性(Weフォーラム)
Weフォーラム2009 in 京都の分科会情報です★転載歓迎
----------
みんなで幸せになる方法 Weフォーラム2009 in 京都 分科会2


赦す権利─被害者救済と修復的司法の可能性


◆日時:2009年7月26日(日) 10:00~12:30
◆場所:京都市男女共同参画センター「ウィングス京都」 2階 セミナー室B
◆講師:原田正治さんOcean被害者と加害者との出会いを考える会代表)
◆参加費:1000円 ◆定員:54人
「遺族の気持ちを考えろ!」と言い放つ相手に、死刑廃止のチラシを配っているのは、弟さんを殺された原田さん。加害者を早く死刑にしてほしいと考えていた原田さんだが、死刑になれば彼の口から真実を聞けないのでは? 日本の死刑制度は実は遺族のことを考えていないのでは? と疑問がうまれた。先進国の中で数少ない死刑存置国である日本。マスコミが作り上げたのではない被害者像・遺族像について、原田さんのお話をじっくりうかがいます。

◆申込・問い合せはメール(we2009@femix.co.jp)で “Weフォーラム2009 in 京都実行委員会”事務局まで ※定員に達ししだい締め切ります(お早めにお申し込みください)

◆Weフォーラムは雑誌『We』(フェミックス発行)の読者による実行委員会によって企画・運営されます

◆関連情報
・講師の原田正治さんの著書『弟を殺した彼と、僕。』(ポプラ社)
・原田正治さんインタビュー「加害者は許せない だけど死刑には反対です」(ふらっと人権情報ネットワーク)
「犯罪加害者は生きて償いを」被害者遺族の原田正治さんが死刑制度反対の訴え(日刊ベリタ)
7・26「赦す権利─被害者救済と修復的司法の可能性」原田正治さんを囲んで(amnesty奈良グループ通信)

テーマ:これがオススメ! - ジャンル:ニュース

2009/06/26 09:20 | Weフォーラム情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<元気の出る家庭科─家庭科の可能性を探る(Weフォーラム) | ホーム | ストップ!ザ 認知症─スリーA方式予防ゲーム体験会(Weフォーラム)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://femixwe.blog10.fc2.com/tb.php/92-5dc03474
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。